2019年12月14日

5年目

バレエを習い始めて5年目になる。
全然上達はしていなくて、この年になると加齢による衰えの方が早い。
上手になろうと思うと嫌になってしまうので、健康維持のためと思うことにしている。
健康のために何かしらの運動をしている人は多いので、私の場合はそれがバレエなのだと思う。

最初はあるカルチャーセンターで習い、それが4年間続いた。
だが今年の春、4年間お世話になった先生がカルチャーを辞めてしまった。
私にとってはけっこうショックな出来事で、バレエは続けたい、けど、どこで?誰に? と1か月くらい悩んでいたのだ。
同じ先生から習い続けるには、遠くの教室まで通わなければならない。

実は、バレエ教室はうちのまわりに5か所くらいあり、それにカルチャーも加えると10か所近くになる。
うちの近くの教室で違う先生に習うなら、さほど困らない環境ではあるのだ。

新しい先生に習うとしたら、一応全くの初心者ではなく、4年ほどやっていることを伝えるのが良いと思う。
しかし!
4年もやっててこの程度!? とか思われてしまうだろうな〜などと考ると、なかなか次の一歩が踏み出せなかった。
新しい先生に習おうとすると、けっこう勇気がいるのだ。

1か月くらい休んで、違う先生のレッスンに通ってみた。
たぶん大人の初心者を教えることに慣れている先生だったと思う。
違う先生に習うと、また新たな気づきがあるなぁと思ったが、教室の雰囲気になじめない気がして、だんだん行くことが苦痛になってきた。

所詮趣味なので、面白くないと思ったらもう頑張ることができない。
やめよう。
と思ったら、気持ちがスッと楽になった。

結局今は、最初にお世話になった先生に習うため、遠くの教室に通っている。
往復の移動時間が長いので、仕事帰りに行くと遅くなるのだが、やっぱりその先生のレッスンが好きなので、行きたくないと思うことはない。
体が硬いし、もともと運動神経が鈍いので、間違ってもバレエに向いている訳ではないが、大ケガをするまでは続けたいなと思う。

posted by じょあろ at 22:37| 北海道 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

ソロキャン

たびたび書いているが、車中泊の旅では美味しい食事にあずかることがなかなか難しい。
旅先でもちゃんとしたものが食べたいな〜 
と思い、
自炊してみる?
それじゃキャンプしてみる?
と思い至った。

それから、ネットで情報を拾って、本を読んで、詳しい人に教えてもらい…

行って来ました!


DSC_0158~2.JPG

行ったのは、朝晩はすでに涼しい9月末。
他の人はそんなにいないかもと思ったが、意外とにぎわっていた。
ここのキャンプ場は、利用料金が200円と安く、ゴミを置いて来られるので便利かな〜と思って選んだ。
オートキャンプ場ではないけど、テントのすぐそばに駐車できるので楽。

着いて荷物をおろして、まずテント。
一度練習してるのでトラブルなく張れたけど、手際は悪くて時間がかかる。
40分くらいかかったかな?
ちょっと汗をかく。

そしてコーヒーブレイク。

DSC_0164.JPG

外でコーヒーを飲んでのんびりくつろぐシチュエーションを想像していたのだが、あっという間に暗くなってしまい、気が焦る。
もしかしてキャンプって、忙しい?


DSC_0165~2.JPG

一応焚き火もしてみた。
これは楽しい。

夕食を作って食べて(写真はない)後片付けしたら、もう夜も更けて寝る時間になってしまう。

なんだか忙しいなぁと思いながら寝ると、周りがうるさくてなかなか寝つけない。
最初は子供たちのはしゃぐ声、それが終わったら、大人たちの飲んで語り合う声…

車中泊で周りの声が気になったことはないので、テントが布1枚であることを痛感する。
そんなわけで熟睡できずに朝。

DSC_0168~2.JPG

モーニングコーヒー。
爽やかな朝だと、無理やり自分に言い聞かせているが、実際は寝不足でへろへろだった。

朝食を食べて、温泉に寄って帰宅。

これは初キャンプでバタバタしてしまったので、慣れるためにもなるべく早くまた行こうと思っていたら、その後たちまち寒くなり、やめたほうが良いと詳しい人に言われてしまった。
次は来年になりそう。
次回は耳栓を持って行こう。

アウトドアというのは不思議な魅力があるようで、私なんかたった1回行っただけで、しかもいろいろ失敗してしまったのに、また行きたくてしょうがない。
北海道はシーズンオフが長いので、待ってる間に思いが募る。
次はどこに行こうか、料理は何を作ろうか、そんなことを毎日考えてしまう。

posted by じょあろ at 12:03| 北海道 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

アクリルたわし

うちの食器洗いは、10年以上アクリルたわしを使っている。
メリット
・汚れ落ちが良い
・乾燥しやすく清潔
・自作すれば、好きな色、デザインで楽しめる
・買ったとしても安い

デメリット
・特になし


今はネットショップで手軽に買えるし、100均で扱っているところも増えているらしい。
でも、アクリル100%の毛糸を買って自分で編む方が安上がり。
私はいつも、簡単にガーター編みか細編みで作るのだけど、今回はテキストを見て編んでみた。

すてきにハンドメイド2014年12月号より。
長編みと長編み引き上げ編みを規則的に繰り返すと、ワッフルっぽい編み地になるのだな。
美味しそうで可愛い。
この凸凹が汚れ落ちにもプラスだそうだ。

DSC_0182~2-26267.JPG

でも、アクリルたわしっていう名前はあんまり適切じゃない気がする。
アクリルクロスとかアクリルダスターとかではどうだろう?
posted by じょあろ at 21:19| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

スヌード

今シーズン最初の編み物はスヌード。
これは、2014年12月の「すてきにハンドメイド」テキストに載っていたもの(放送はなかったらしい。編み方の説明はテキストのみ)。

DSC_0178~2.JPG

スヌードのような小物は早くできるし、ゲージとかあまり気にしなくていいから簡単。
だが今回は、私にとって初の試みがあった。

ひとつは輪針。

DSC_0179~2.JPG

今まで機会がなくて使ったことがなかったのだ。
編み始めは、ちょっとやりにくいかな?と思ったが、すぐ慣れた。
慣れると簡単!
輪に編むのは、棒針を4本使うやり方が多かったけど、それよりずっと簡単。
しかも段差もつかずなめらかにできるので、これは病みつきになること間違いなしだな。

もうひとつは、フランス式。
今まで長年、右手で糸を持つアメリカ式で編んでいたのだが、左手に糸をかけるフランス式の方が楽だと言われて、挑戦してみた。
これは大変だった。
40年くらい慣れ親しんだ方法を変えるのは、大げさに言えば、利き手じゃない方でお箸を持つようなもの。
変な力が入って肩はガチガチ、腰まで痛くなってしまった。
でもこれも、スヌードの半分くらい編むうちに慣れてきたので、結果的にはやっぱり楽だった。
思いきって変えて良かったと思う。

このスヌードは、ポコポコの模様が可愛いと思うのだが、段染め毛糸を使っているので、自然に色が変わり編んでて楽しい。
さっそく明日から使う予定。

posted by じょあろ at 19:27| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

今年の道北・その4

羽幌からはのんびり南下していけばいいのだが、天売で寝不足だったせいか、変に疲れている。
とりあえずコーヒーでもと思い、「if」というカフェに入ると、気さくな店主が「あら、お姉さん。どこから来たの?札幌?よく来たねぇ。仕事かい?」と声をかけてくれ、その後もお店の歴史などをずーっと聞かせてくれる。
休みなく話し続けているので、すごい能力だなと素直に思う。
私は一人旅なので、旅行中他人とほとんどしゃべらない。
数日経つと人と会話する能力が落ちてくるので、この店主の会話のテンポに全然ついていけず、気の利いた返事もできず申し訳なかった。
すごくフレンドリーなカフェなので、人恋しいときに超おすすめ。

写真も撮らせてくれた。
ありがとうございました。

DSC_0121~2.JPG

このあとは留萌でお昼ごはん。
慣れ親しんだモスにて。

DSC_0123.JPG

野菜に飢えていたので、サラダがめちゃくちゃ美味しい。
安心の味。

この辺で本格的に体調が悪くなってきた。
寝不足のせいで片頭痛。

本当はあちこち温泉めぐりをしたかったが、無理してもしょうがないので、夕食を食べてさっさと寝ることにする。
道の駅「ふかがわライスランド」内にあるお店で釜飯をオーダー。
人気があるらしく混んでいる。

DSC_0126.JPG

とても美味しいのだが、悔しいことに頭が痛くて半分しか食べられない。
やっぱり体調が悪いと、なんでも充分楽しめないってことだ。
旅行中の体調管理は大事だな。
あきらめて寝る。

ぐっすり寝たので(まじ民宿よりずっとよく眠れた)、翌朝はすっきり。
コンビニで朝ごはんを食べて

DSC_0127.JPG

「アグリ工房まあぶ」で温泉に入る。
温泉は普通なのだが、ここはとにかく景色が良くて、思わず深呼吸。

DSC_0130-bb74b.JPG
この景色は毎年でも見に来たいと思う。

このあとは道の駅「ハウスヤルビ奈井江」に寄る。
ハンディキャップを持つ人たちが働くカフェがあるので、そこでランチ。

DSC_0133.JPG

きのこスパ、美味しかった。
働いてる人たちがゆったりしているので、いい雰囲気でくつろげる。

やっぱり旅はいいな〜、また行きたいな〜と余韻に浸りつつ…
今回の旅はおしまい。
posted by じょあろ at 21:41| 北海道 ☔| Comment(0) | 車中泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

今年の道北・その3

栄丸の夕食は海鮮バーベキューと海鮮丼だった。
DSC_0111.JPG

写真では伝わりにくいがかなりのボリューム。
特に美味しかったのが、月並みだがウニ。
私は道産子だが、普段はウニが苦手なのだ。
独特の臭みを感じるので、人生で3回くらいしか食べたことがない。
それが!
ここのウニは全く臭くなくて、ただただクリーミー。
新鮮だから?
今までも、海の近くで獲れたてのウニを食べたことはあったのだが、こんな味ではなく生臭かった(だから苦手になったのだ)。
素人考えだが、エサとか海の水質とかも関係してくるのかもしれないと思う。
天売のウニだから特に美味しいのだ。
ちなみに、焼き網で少し炙って食べるのがまた一段と美味しいらしいが、私は生の方が好み。
熱を加えると、生臭さが出るように感じた。

ウニの他は、イカ、タコ、エビ、ホッキ、一夜干しのカレイ、そして羊肉(焼尻の名産)だが、はっきり言って食べきれない。
海鮮丼だけでお腹いっぱいになったので、バーベキューは残してしまった。
ここの宿は民宿なので、飲み物はバーベキュー台の近くの自販機で買ってくださいと言われた。
むしろその方が安くていいかもしれない。

夕食後は、ウトウの帰巣ナイトウオッチのツアーを予約していた(これが見たくて、天売に宿泊したようなものなので)のだが、食べすぎのため動くのが億劫。
しかもお腹が痛くなり、ナイトウオッチの現地に行っても圧倒的に苦しかった記憶の方が強い。
鳥を見ずに、トイレにいる時間の方が長かったかも…
せっかく行ったのに、もったいないことをした。

いつも道北の旅は車中泊だが、天売では畳の上にお布団を敷いて寝ることができる(民宿なので、布団を敷くのはセルフサービス)。
ぐっすり眠れるだろうと期待していたら、思いっきり期待外れだった。
まず、壁が薄くて周囲の声が丸聞こえ。
夜遅くなってもしゃべっている人が多く、なかなか眠れない。
そして早朝、騒がしくて目が覚めた。
時計を見たら4:50。
何事かと思ったが、早朝の漁船クルーズに出る人たちらしい。
「◯◯さん、どこ行ったの?」「トイレ入ってるー!」と、かなりの大声なのでセリフまではっきり聞こえる。
高揚するのはわかるが、この時間なのでまだ寝ている客がいるかもしれないと考えられないのだろうか。
私以外の客は、10人くらいはいたと思うが、見たところ私より年上の人ばかりだった。
恐らくは、60代、70代…
だから、若気の至りとかではないのだが、マナーの良し悪しに年齢は関係ないのだな。

そんなわけで、せっかく畳の上にお布団を敷いて寝たというのに、車で寝た方がましという結果になった。
寝不足だが、朝ごはん。

DSC_0117.JPG


こちらもすごいボリュームで食べきれない。
そして野菜が足りない…
前の日からほとんど野菜を食べていないので、ものすごく野菜不足な気分になる。
ご飯のおかずにトーストというのも不思議な感じ(味は美味しかった)。


初めての天売宿泊の感想…
自然や景色は素晴らしかったが、正直もう泊まりたいとは思わない。
夜うるさかったこともあるけど、けっこう重要な問題がトイレ。
私が泊まった宿では、客はたぶん10人以上いて、トイレが2か所しかない。
使いたいときにふさがっていて、待つことがけっこう多かった。
洗面所も2か所しかないので、歯ブラシをくわえて待っている人がちらほら。
そんな状態だから、洗面所で化粧ができず、仕方がないので部屋でやろうと思ったら鏡もない。
わかっていたら用意して行ったのだが…
次にもし行くことがあったら、民宿より旅館に泊まった方がいいかもしれないと思う。

天売から羽幌に帰った時には心底ほっとした。
羽幌は、フェリーターミナル、道の駅、コンビニなどきれいなトイレがたくさんある。
やっぱりトイレ問題は重要なポイントなのだ。

posted by じょあろ at 16:20| 北海道 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

今年の道北・その2

天売に着いたあとはまずこれ。
DSC_0089.JPG

漁船で島の周りを一周する。 

DSC_0074-ec4fa.JPG

船長さんが、「ほら、そこにウミガラス(オロロン鳥のこと)」とか「あれがケイマフリ」とか教えてくれるのだが、そっちを向いたときにはもう遅く、全然見つけられなかった。
鳥の飛ぶスピードに慣れてないからか、目が全然追いつかない。
まあ、雰囲気だけ味わったってことで…

車は羽幌フェリーターミナルの駐車場に置いてきたので、天売では宿を予約しておいた。
先ほど、クルージングでお世話になった栄丸さんである。
天売港に奥さんが迎えに来てくれていた。

DSC_0091.JPG

DSC_0090.JPG

ここは、とにかく奥さんが素敵な笑顔で迎えてくれるので、とてもフレンドリーな雰囲気。
自転車を借りて(無料)、陸路で島内を一周してみた。
まずは、近くのBポートでお昼ごはん。
ここは、海鮮料理とかじゃなく、チャーハンとかスパゲッティとか、普通のカフェっぽいメニューのお店。

DSC_0094.JPG

DSC_0093.JPG

チャーハンをオーダー。
美味しかった。

自転車を走らせてすぐにウミネコの集団に出会う。
人が怖くないのか、なかなか逃げない。

DSC_0095.JPG
ちょっと海の方に目をやると、ウミネコがうじゃうじゃいる。
岩の上の白い部分は鳥のフン。

DSC_0097.JPG
さらに走ると、たちまち急な坂が続き後悔することになった。
上り坂は急すぎて、自転車で上がれない。
仕方なく自転車を押して歩く。
かなりしんどい。
下り坂は、これも急すぎてスピードが出過ぎて怖い。
恥ずかしいことに、一度転んでしまった。
ケガがなくて良かったが、骨折をしてもおかしくない年齢(骨粗鬆症になり始める年齢と言うか…)なのだから、いい年をしてはしゃいでいては恥ずかしい。

しかし、そんな後悔は吹っ飛ぶ景色であった。

DSC_0101.JPG

DSC_0105.JPG
海が本当に美しい。

そして地面を見ると、ぽこぽこと穴が。
これは何?

DSC_0104.JPG

DSC_0106.JPG
あとで知ることになるのだが、これはウトウという鳥たちの巣穴。
無数に穴の中でヒナが待っている。
夕暮れになると親たちがエサをくわえて、巣穴に戻ってくるとのこと。
こんなにたくさん穴が開いているのに、つがいによって巣が決まっている(まるでウトウのマンション)そうで、間違わずに戻ってくるとのことだ。
鳥ってすごいな〜


posted by じょあろ at 12:30| 北海道 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

今年の道北

今年も車中泊に良い季節がやって来た。
毎年行ってる道北、今年は天売島にも1泊してきたので忘れないうちに。

1日目。
出発し、約2時間走ったところ、「道の駅 つるぬま」でお昼ごはん。

DSC_0062.JPG

私はグルメじゃないけど、ここのお蕎麦は美味しいと思うのだ。

DSC_0061.JPG

北上し、苫前到着。
「ふわっととままえ」で温泉に入りロミロミを受ける。
ここはいつも混んでいるので、事前に予約しておいて正解。
この日もこうだった。

DSC_0063.JPG

私は年に1回しか苫前に来ないけど、来るたびに5年連続くらいで満室になってるよ。
すごいなぁ。
ここのセラピストさんは天売島の出身なので、高速船よりフェリーの方が揺れにくいとか、そのフェリーはいちばん下の階の船室が揺れにくいとかの情報をもらう。

さてロミロミ受けて癒された(セラピストさんも覚えてくれてて、また来年どうぞ、と言ってくれた)あとは夕食。
有名な甘エビを堪能。

DSC_0067.JPG

一緒に頼んだ大根サラダ。

DSC_0066-8bd00.JPG

この大根は、サラダ用に切ったものじゃなくて、刺身のツマですね。
いくら大根が好きでも、山盛りのツマにドレッシングをかけて食べるのは、さすがにちょっと…
大根、細く切りすぎて、歯応えもなく美味しくなかった。
道の駅で食べるのは、けっこう当たりハズレが大きい。

この後は、「道の駅 風Wとままえ」で車中泊。
2日目の翌朝、コンビニで朝食。

DSC_0071-4861c.JPG

そして羽幌に向かう。

DSCPDC_0001_BURST20190627160431331_COVER.JPG

夏は高速船がお得なのだが、揺れそうな気がしてフェリーで天売へ。

長くなってきたので次に続く。

posted by じょあろ at 00:14| 北海道 ☔| Comment(0) | 車中泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

5湯制覇

DSC_1030~2.JPG

今年も6月から始まった温泉めぐりスタンプラリー。
なかなか温泉に行けないと思いつつ、5湯制覇できた。
記念品は変わった形のうちわ。

DSC_1031~2.JPG

今年の5湯目は、深川の「アグリ工房 まあぶ」。
まあぶは2回目かな?
景色が美しくて癒される。

DSC_0130.JPG



posted by じょあろ at 09:55| 北海道 ☔| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

トートバッグ

先日作ったチュニックの残り布で、トートバッグを作った。
これも、NHK「すてきにハンドメイド」でやってたもので、手縫い。

DSC_1029~2.JPG

持ち手の部分は市販のパーツを使った。
手芸用品店で千何百円だったが、100均の店でも売っていた。
どちらを選ぶかは好みだろう(100均のものは、やっぱり強度とか落ちると思うので)。
こういう小物は、縫うところが少ないので早くできて良い。
それにしても、手縫い楽しい。
次は何を作ろうかな。
posted by じょあろ at 15:41| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

手縫いのチュニック

一昨年作った、NHK「すてきにハンドメイド」の、手縫いのチュニックに再挑戦。
チュニックは2枚目、服を作るのは4枚目なので、「縫うこと」自体には少し慣れてきたけど、今回は選んだ生地が硬くて縫いにくかった。
下手なので変な力が入ってしまって、両腕の前腕部が筋肉痛…
講師の先生が言ってるように、やっぱりスラブコットンとかコットンボイルとかにすれば良かった。
今回の生地はたぶんカツラギ。
デニムに似た感じなので、手縫いには向いてなかったな〜と思う。
でも個性的な柄なので、これはこれで良かったかな。


DSC_1026~2.JPG


縫い物、無心になれてすごく楽しい。
次は何を作ろう?

posted by じょあろ at 22:32| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

メルのトリミング

メルが最近行っているサロンでは、トリミングのあと写真を撮るための場所が用意されている。
せっかくなのでメルも撮ってみた。

DSC_1022~2.JPG

トリミングサロンも相性がいいところを探すのは簡単ではなく、トリミングのあと明らかにメルが体調を崩してしまう(たぶんストレスによるもの)トリマーさんもいたし、気に入って通っていたら、上手なトリマーさんが辞めてしまってがっかりしたこともある。
今行ってるところはメルにとって4軒目。
トリマーさんが親切で丁寧だし、トリミング中、人間はカフェコーナーで待つことができるので便利だと思う。
posted by じょあろ at 22:43| 北海道 ☔| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

アゼルバイジャン

トルコの音楽、特に軍楽(「メフテル」と言う)が昔から好きで、聞くたびにぞくぞくするほど高揚する。
ブログに書いたことがあったはず、と探してみると、2007年に書いていた。
初めて聞いたときからずっと好きなので、自分の前世はトルコ人に違いないと思う。

先日、夫がTVでF1の中継を見ていて、私は興味がないので違うことをやっていたら、流れてきた音楽にどきっとした。
歌詞の意味はわからないが、アゼルバイジャン国歌だということはすぐわかった。
冒頭で「アゼルバイジャン!アゼルバイジャン!」と連呼していたからだ。
この国歌の曲調がメフテルそっくりで、一度聴いただけで大好きになってしまった。
私の前世はアゼルバイジャン人かもしれない。

調べてみたら、アゼルバイジャン国歌とメフテルの代表曲「ジェッディン・デデン」の歌詞はとてもよく似ていた。
地理も歴史も知識がなくてよく知らないのだが、アゼルバイジャンとトルコには深い関係があるのかもしれないと思う。
行ってみたい国が増えた。

posted by じょあろ at 22:02| 北海道 ☔| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

GW

今年のGWは10連休だそうだが、本当にそんなに休める人はどのくらいいるんだろう。
サービス業は稼ぎ時だろうし、警察消防はもちろん、病院も閉められない。
もともと病棟は、入院患者さんがいる限り交代で誰かが必ず勤務するのだが、今年は当院の外来も連休中に診療日を設けている。
人の命と健康を支える仕事だからね!
そういう仕事をさせてもらってることに誇りを持とう。



実は、5月は最高で2連休どまりで、やっぱり寂しいなーというのが本音。
休みは掃除とモノ作りにあてよう。
6月はどこか行きたいなー
posted by じょあろ at 11:00| 北海道 ☔| Comment(0) | しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

13歳

ちょっと遅れてしまったが。


DSC_1002~2.JPG

メルは13歳になった。
その少し前に、酪農大学病院で定期検診を受け、異常なしと言われてひと安心。
もちろん老化はいろんなところに感じるけど、元気でいてくれて本当に感謝である。
posted by じょあろ at 19:52| 北海道 ☔| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

やっと、初段

じゃらんの温泉めぐりスタンプラリーは2月で終わり。
今年は、15湯まわるのがやっとで、一応初段。

DSC_1006~2.JPG

このウォレットはUSBメモリー入れとして使うことにした。

それにしても、温泉めぐりもなかなかできなくなってきた。
体力的な要因がいちばん大きい。
仕事のあとに温泉に行く元気はなく、かと言って休みの日にわざわざ行くのもまた億劫と言う…
1日だけの休みではとても出かける気になれないので、やっぱり年のせいかなと思う。

あとひとつの要因はモチベーション的なところ。
件数を稼ぐためには、さほど行きたくない温泉でも行かなければならない。
なかにはあまり好きになれなかった施設もあるので、そういうところをリピートするのは苦痛である。
そして、このスタンプラリーに参加する施設が減っているのも残念だ。
企画自体はとても楽しいのだが。
posted by じょあろ at 18:09| 北海道 ☔| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

巾着袋

ちょっとした小物を入れて持ち歩くのに、手頃な袋が欲しいなーと思っていた。
作ってみたいがミシン使えないから無理だな。
今はいくらでも可愛いものが安く手に入る時代だし…

しかし考えたら、服だって手縫いで作れたんだから、袋くらい手縫いでも大丈夫じゃないか?
探したら、手縫いでもOK、と作り方を教えてくれているブログがあったので、やってみることにした。

生地を買って、紐を買って…
手作りは、布や糸など材料を選ぶ作業がまた楽しい。

そして手縫いでちくちく、下手なのですごく時間がかかるのだが、それもまた楽しい。
1週間以上かけて完成。


DSC_1003~2.JPG

結んだところ。

DSC_1004~2.JPG

下手ではあるのだが、生地の模様が可愛いし、自分で作ると愛着もわくので使うのが楽しみ。
これ、ミシンを使えば1時間かからずにできるんじゃないかな。
手縫いで1週間と書いたが、毎日ちょっとずつやったので、時間にすると5時間くらいか。
そう考えると、ミシンを使えるようになった方がいいのだろうかと悩む。
まさか自分が縫い物に興味を持つようになるとは、すごく意外。
つくづく、学校の家庭科、真面目にやっていれば良かったなーと思う。
posted by じょあろ at 13:10| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

ミトン

先日作ったハーフミトンは、長所も短所も指先が出ていること。
スマホも打てるし、鍵や小銭を出すなど細かい作業はしやすい。
反面、当然のことながら寒い。
秋ぐらいなら大丈夫だが、氷点下になると全然役に立たない。

DSC_0942~2.JPG

それで、真冬用の手袋を作ってみた。
5本指は難しいので、ミトン。
この形、北海道では「ぼっこ手袋」と言ったりする。

DSC_1001~2.JPG

以下は、自分のためのメモ。
4号針で作り目48目。
一目ゴム編みで23段。
5号針に変えてメリヤス編み。
17段目で親指の穴8目休ませ、巻き目で8目作る。
そのまま52段編み、最終段で2目1度を繰り返して目数を半分に減らす。
最後は糸を目に通して絞る。
親指は、休み目から8目、巻き目から8目、左右から2目の合計18目拾い、4号針で一目ゴム編み21段編む。
最終段で2目1度を繰り返して目数を半分に減らし、糸を目に通して絞って完成。

雪がとけ始めた頃にでき上がるのがなんとも間が悪い。
使うのは来シーズンかな。
posted by じょあろ at 21:56| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

DSC_0990~2.JPG

オリーブ油  380g
パーム核油  100g
パーム油  200g
スィートアーモンド油  150g
アボカド油  150g
ステアリン酸  20g
苛性ソーダ  128g
水  256g
精油  はっか  150滴
          ラベンダー  100滴

4月以降の予定が、職場の都合で大幅に変わってしまった。
どうしたものか思案中…
posted by じょあろ at 22:35| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

去年、同僚と一緒に作ったせっけん。

DSC_0991~2.JPG

EXVオリーブ油  380g
パーム核油  100g
パーム油  200g
フィートアーモンド油  150g
アボカド油  150g
ステアリン酸  20g
苛性ソーダ  128g
水  256g
精油  フランジュパニ  150滴
          スィートオレンジ  150滴

久しぶりに肌用のせっけんを作った。
やっぱりいいせっけんを使うと、つっぱるとか荒れるとか、そういうトラブルは激減する。
posted by じょあろ at 21:13| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする