2008年02月25日

シャワー(BlogPet)

きょうこめるがシャワーしたかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 08:24| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

オープン戦開幕

2月22日、安芸でオープン戦が始まった。相手はオリックスで、5対3でタイガースの勝利。

スポーツ紙には「AI砲」の言葉が躍っている。
オープン戦での成績はあまりあてにならないとわかっていても、やはりうれしい。
何よりも、今岡の活躍が嬉しいのだ。

03年に首位打者、05年打点王をとった天才打者今岡誠は、その後2年間不振に沈んだ。
天才ゆえのスランプに陥ってしまったようで、昨年はファーム落ちまで経験したが、最後まで本来の今岡には戻れなかった。
しかし、今シーズンは、自身の欠点を克服するべく加圧トレーニングに取り組み、新しい今岡に生まれ変わっている。
早くも効果が出始めたようだ。
言うまでもなく、今岡がタイトルを獲得した年にはチームが優勝している。
タイガースが優勝するためには、今岡の活躍が不可欠なのだ。
あ〜今年のシーズンももうすぐだ。楽しみだな〜。

posted by じょあろ at 08:02| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

営業時間

19日は夜勤明けだったので、ひと眠りしたあと夕食をとり、夜勤の疲れをいやすべく銭湯に行こうと思った。
そのときすでに、21時近かったので、遅くまでやっている銭湯をHPで探して出かけた。
私は長湯なので、22時閉店のところではちょっとあわただしいのだ。

さらに以前にも書いたように、極度の方向音痴である私は、迷ったり見つけられなかったりした時に備えて、第二候補、第三候補まで頭に入れてから出かける。
この日も同様で、第一候補「黄金湯」(23時閉店)、第二候補「清の湯」(22時40分閉店)、第三候補「平和湯」(23時閉店)とした。

まず白石区栄通の黄金湯。
ちょっと路地を入ったところにあるためわかりにくいが、それほど迷わずに無事見つけることができた。
しかし、シャッターが半分降りており不吉な予感。
入口を見ると、営業時間22時まで、と書いてある。
これでは落ち着いて入れない。

あきらめて次を探す。白石区本郷通の清の湯。
ここは何度か通ったことがあるので迷わずに見つけるが、暖簾が中に入っておりこれまた嫌な予感。
入口を見ると「営業時間変更のお知らせ」という貼り紙が。
ここも22時までに短縮されていた。くう。

最後の望み、白石区平和通の平和湯。
ここも場所を知っているので迷うことなく到着する。
しかし、ここも22時まで…
経費削減のためか、営業時間を短縮している銭湯が多いのだ。がくり。

3軒あたって、全滅。
もはや「夜勤の疲れを癒す」という当初の目標からどんどんかけ離れていき、こんな夜中に、風呂を求めて右往左往している自分が悲しくなる。

しかしここまで来たら、いまさら家には帰れない。
脳内の乏しい情報を引っ張り出す。

確か、豊平区美園の「望月湯」が遅くまでやっていたはず…それでだめなら「光の湯」、最後の手段は「南郷の湯」にしよう。

環状線をひた走り望月湯到着。
真っ暗。
火曜日は定休日だった。

次は同じく美園の光の湯へ。
ここは前にも来ているので道を覚えている。36号線を入り、「かつや」の信号を左折。
光の湯はやっていた。あ〜よかった。
ここは23時20分まで営業なので、こんな時には本当にありがたい。相変わらず、常連さんでにぎわっている。
ブラックシリカの湯と、生薬11種類配合の薬湯を堪能して、血圧を測って満足。
血圧は108/55だった。やっぱり入浴後は低めだなぁ。

5軒も銭湯を回り、ようやく入れた。
銭湯に行く時には、時間の余裕をもって、早目に家を出るべきといういい教訓になった。




posted by じょあろ at 10:15| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

ょあろは(BlogPet)

こめるがじょあろは動きに意識された!

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 07:26| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

インストラクター試験

日本アロマ環境協会(AEAJ)のインストラクター試験がいよいよ迫ってきた。
申し込みの締め切りは2月22日、試験は3月23日である。
結局、ほとんど試験勉強が進んでいないので、あまり合格できるとは思えないのだが、次の機会と言うと9月になり、春〜夏の間は野球観戦で忙しく、ますます勉強できそうにない。

ダメもとで、3月の試験を一応受けてみることに決めた。

AEAJのHPによると、合格率は30〜40%とかなり低い。
テキストとされている「アロマテラピーコンプリートブック」を読むと確かにかなり難しいのだが、それ以上にストレスを感じるのが、誤字誤記の多さである。
編者である「ライブラ香りの学校」のHPには訂正も載せられているが、記載されていない誤記も多くあり、読んでいてイライラする。
私の持っている本が初版のため、特に多いのだろうか。
それにしても、仮にも受験テキストとして売り出されている書籍なのに、この間違いの多さはどうなのだろう。

自分が覚えられないための、八つ当たりかもしれないが…

posted by じょあろ at 07:00| Comment(2) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

ひばり湯

厚別区にある「ひばり湯」、ここは、地下鉄東西線ひばりが丘駅の近くにある(場所はこちらで確認を)。
こちらでは、駐車場無になっているが、ちゃんと駐車スペースがあるので、車で行っても大丈夫。

中に入ると、「おばちゃん」という呼び名がまさにぴったりとする女性が、番台に座っていた。390円を払って入る。
脱衣所は広くてきれい。そこそこ混んでいる。
お客さんはやはり常連の方が多い様子で、「一見さん」である私は、ちょっと視線を感じる。

浴槽は3つ。バイブラとメイン浴槽と超音波風呂。
でも、中でつながっているので、3つの浴槽は同じお湯だ。
すべて、なんのてらいもない普通の水。
でも、湯温が高めなので、外の寒さとあいまって非常によく温まる。

残念なのはシャワー。
温度が低すぎ。ぬるいというより、水に近い感じさえする。
常連の方は慣れていると見え、浴槽のお湯を桶で汲み出して使っている。
私も、髪だけは何とかシャワーで洗ったものの、体はカランのお湯で洗った。
シャワーに慣れてしまっている身には面倒に感じる。

それでも、レトロな雰囲気と熱いお湯で、充分リラックスできる。
お風呂上がりには、隣のコンビニで「京極の名水」を買い、飲みながら帰った。

評価…★★★☆☆
posted by じょあろ at 12:34| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

光の湯

銭湯についていろいろ調べていたら、こんなHPを見つけた。
空のさざなみ
ここの、「札幌遊覧」から「札幌チープに楽しむぞ編」の「銭湯どころ」に進むと、いろんな銭湯についてガイドブック風に書いてあり、「お風呂に行きたい!」という気持ちがたいへんにかき立てられた。

ここのレポートを参考に、行ったことのない銭湯を目指して出かけた、豊平区美園の「光の湯」(場所はこちらを参考に)。

実は私は、重度の方向音痴なので、初めての場所に行く時にはいつもかなり緊張する。
1度や2度迷うのは当たり前のことなので、30分〜1時間くらい時間の余裕を見て出かけるし、銭湯の場合、見つけられなかった時のことも考えて、第2候補、第3候補まで頭に入れて計画する。

案の定、この日も迷った。
自分がどこにいるかわからなくなったので、とりあえず大きな通りに出ようと思い環状線に出た。
そこから、36号線を千歳方向に入り、「かつや」の信号を左折すると、目の前に「ゆ」「サウナ」の看板が。
まったく偶然に見つかったので感動した。

さて、牛乳石鹸の暖簾をくぐり、男女別の入口を入ると、中で合流するというお茶目な作り。
番台で390円を支払い脱衣所に入ると、明るくてきれい。
設備は古いと思うのだが、きれいに掃除されているのがよくわかる。

浴室の中はほどよい混み具合で、常連の方たちがあちこちであいさつを交わしている。
メイン浴槽は、ブラックシリカ入りで、「空のさざなみ」にあったように本当に深い!子どもは抱っこしてないと危ないかも。

薬湯は2種類。
ひとつは明礬(みょうばん)温泉とのこと、やや白濁しているほかは特に匂いなどは感じない。

もうひとつは漢方生薬系の薬湯だ。
私はこっちのほうが好き。匂いは黎明薬湯に似ている。
11種類の生薬を使用しているとのこと。
朝鮮人参、センキュウ、当帰、桂皮、陳皮、ダイウイキョウ、バンショウ、ソウジュツ、香附子、松藤、マグロップ(頑張って覚えた!)。
漢方薬っぽい匂いと色が、いかにも効きそうな感じでうれしい。

シャワーの水圧も強くて心地よく、浴室内の温度も適切に保たれている。
建物の外観は、小さくてかわいい感じだったのに、中は意外に広くておどろく。
明るくてひろびろ、のんびりできる。

この銭湯のこだわりは、脱衣所にもある。
マッサージ機に血圧計、ステッパーまであるのだ。
せっかくなので血圧を測ってみたところ、102/57oHgと低め。脈拍は78回/分。
お風呂でとてもリラックスしたので、血管が存分に拡がっていると思われる。
ゆったりのんびり入浴することが、健康にも良いのだろう。

脱衣所を出ると、休憩室がある。
私が立ち止まると、番台のおばさんがテレビのスイッチを入れてくれた。なんと「忌野清志郎特集」。
ここのおばさんは、私の好みまで見抜いておられたか。
というのは冗談にしても、客のニーズにさりげなく応えてくれる、気配りの行き届いた銭湯だと思う。
営業が23:20までと遅めなのもうれしい。

評価…★★★★★(とても楽しい銭湯)
posted by じょあろ at 10:49| Comment(3) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

キャンプイン(BlogPet)

じょあろの「キャンプイン」のまねしてかいてみるね

2月1日から、それは少ないかな、わくわくする。
タイガースの人じゃないので、それは思うが届く。
タイガースの宜野座!!
去年は、わくわくする♪
地元のだ。
地元の復活に来るので、プロ野球各球団が始まり、こんなふうに会報誌ができないとメリットは沖縄の人じゃないとは絶対に観にぼろ負けしたので、それは沖縄の宜野座。
今年は沖縄の人じゃないと言っても、わくわくする?
タイガースは絶対に観に期待しても、日ハムに行くことが届く。

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 08:49| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

キャンプイン


会報誌.jpg2月1日から、プロ野球各球団がキャンプインした。
タイガースは沖縄の宜野座。
スポーツ紙やTV(スカパー!など)で、キャンプ情報が始まり、わくわくする。



黄色だ!.jpg今年は、タイガースのファンクラブに入会した。
甲子園に行くことができないので、今まで入会していなかったのだ。
地元の人じゃないとメリットは少ないかな、とは思うが、イエロージャージと会員証がもらえる。
それから、こんなふうに会報誌が届く。
今年も、交流戦で札幌ドームに来るので、それは絶対に観にいくつもり。
去年は、日ハムにぼろ負けしたので、今年はリベンジだ!
何と言っても、今岡の復活に期待している。

posted by じょあろ at 18:43| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

犯行現場


犯行現場日頃それほどイタズラをしないメルだが、ある日パソコンに向かっていて、ふと振り向くとこんなことになっていた。




みかん惨殺音もなくやっていたので、全く気付かなかったが、「静かだと思ったら、悪いことしている」というのは人間の子供も同じらしい。




ごめんなさい私が息をのむと、瞬時にこのポーズ。
犬って、誰にこの技を教わるんだろう。
posted by じょあろ at 08:44| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

美春湯

札幌公衆浴場組合では、毎月第一日曜日に「ふれあい入浴デー」として「天然ハーブ」の薬湯風呂を実施することになっているそうだ。
2月3日は、「晩白柚(ばんぺいゆ)」の湯。
事前に知っていたので、2月3日は絶対銭湯に行こうと決めていた。

「天然ハーブ湯」の情報を得たのは、白石区南郷通の美春湯のHPなので、さっそく美春湯に行ってみる。

男女別になった入口を入ると、すぐ脱衣所。
男女共用のスペースがなく、脱衣所が休憩所を兼ねているため、脱衣所は広め。
番台で390円を支払って入る。

この日の目的は、何と言っても「晩白柚の湯」。
私は、今までこのフルーツを知らなかったが、名前から想像がつくように柑橘類の一種である。
熊本県八代産だそうだ。
初めて見ると、大きさにびっくり。メロンくらいある。
その晩白柚がまるごと浴槽にゴロンと浮いていた。
そのほか、刻んだ皮を沢山袋に入れて、浴槽に浸けてある。
天然のものなので、香りはそれほど強くないが、顔を近づけると柑橘系のフレッシュな香り。ゆずのようなタンジェリンのような…
皮の入った袋を手に取ると、精油の効果で、手がつるつるになった。
この浴槽は、普段は日替わり薬湯風呂になっているようだ。
バイブラ付きで、温度は42〜43℃とやや高め。

もう一つの浴槽は、ブラックシリカ入りのラドン湯。
狭いけど、ジェットバスも付いている。
こちらが主浴槽で、40〜41℃に設定されているらしい。
ブラックシリカの湯は、やっぱり柔らかくて癒される。

ここは、シャワーの水圧も強く、浴槽のお湯もとてもいいのだが、狭いのが残念(混んでいたからよけいにそう思うのかも)。
歩くと、洗っている人たちにぶつかりそうだ。
でも、それも裸の付き合いということでいいのかもしれない。私も、見ず知らずの人に声をかけられたりした。

脱衣所には、晩白柚の実がおいてあり、味見できるようになっていた。
味は夏ミカンみたいな感じ。甘味が薄いので、そんなにおいしくはない。
ゆったりくつろいでいると、隣の席からなんとタバコの煙が流れてきた。
休憩所がないから、脱衣所が喫煙室も兼ねているのだ。裸にバスタオルを巻いた若い女性が、タバコをくゆらせていた。
愛煙家にとってはとても気の利いた銭湯だと思う。
でも、洗いたての髪に、他人の煙草のニオイがつくのを好まない人も多いだろうと思った。
やっぱり時代の流れとして、分煙は必要だろう。
それ以外は、清潔感とレトロな雰囲気を持つ銭湯らしい銭湯として申し分ないのだが。

評価…★★★★☆(分煙希望)

ちなみに、次の札幌市「ふれあい入浴デー」は3月2日。
「生ばらの湯」が予定されている。
3月2日は銭湯に行きましょう。
posted by じょあろ at 10:26| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

ベビーせっけん


ベビー石けんオリーブ油  200g
パーム核油  150g
パーム油  210g
ステアリン酸  20g
シアバター  20g
スイートアーモンド油  200g
アボカド油  200g
水  350g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)

同僚に赤ちゃんが生まれたのでお祝いに。
お誕生は6月なので、タイミングは外しまくっているのだが、気持ちだけ。
赤ちゃん用なので、低刺激を最優先にした。
当然無香料なのだが、オイルの甘い香りがほのかにする。
円筒形の型はプリングルスの空容器。
丸いせっけんを作りたくなると、プリングルスを食べる。
切らずにブロックのまま贈りたかったので、型出しで緊張したが、まあまあキレイに出てよかった。
四角いのは自分で使うお試し用。
やっぱり、肌にやさしいオイルばかりを選んだので、洗い上がりはとてもやわらかい。
ベビーちゃんは気に入ってくれるかな〜。


posted by じょあろ at 12:21| Comment(2) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

栄湯

江別市に温泉が増えたので、「ガンバレ!銭湯キャンペーン」を一人で実施したい気分になり、栄湯(江別市向ヶ丘)に初めて行った(場所はこちらで確認を)。

銭湯は、お客さんが少ないことが多いので、最初から最後まで自分一人だったりするとなんとなく気まずいが、ここはそこそこ人が入っていた。
番台で390円を支払い中に入ると、施設は古いのだと思うが、キレイに手入れされているので不快感は全くない。

浴室には、子供風呂、ブラックシリカの湯、超音波風呂、薬湯風呂と、狭いながらもいろいろな種類がそろっていて楽しい。
湯温はやや高め、でもとても気持ちがよい。
以前ほかの銭湯に行ったとき、お湯に浸かった後でも、体を洗っている間に湯冷めして寒い、という経験をしたが、ここはそういうことは全くない。
湯温と室温がちょうど良く保たれているためだろう。ほかほかの状態で、気持ちよく洗うことができる。程よく暖かいので、シャワーの水圧が弱いことも気にならない。

薬湯は「ブルーアロエ」。
成分は、重曹、セスキ炭酸ソーダ、酒石酸ナトリウムカリウム(?しかし、本当にこう書いてあった)、アロエ香料、アロエエキスなどとなっていた(うろ覚えですみません)。
これは可もなく不可もなくという感じ。ブラックシリカの湯が気持ちいいので、こちらに軍配が上がる。
でも、長湯したいときには、気分を変えるために薬湯に入るのも楽しいだろう。
他に、スチームサウナもあり。

ブラックシリカの湯は、入った時の肌当たりが柔らかいほか、一番わかりやすいのは保温(持続)効果だろう。遠赤外線によるものらしい。
この日も、髪が濡れたまま氷点下の外に出たが、全く寒さを感じることなく家まで帰りついた。
やはり銭湯はこうでなくちゃと思う。
浴室、脱衣所ともしっかりと温度管理がされていたのもポイントが高い。
お客さんの入っている銭湯は、ちゃんと努力しているのだなぁと考えさせられた。
営業は22時まで。

評価…★★★★★(今まで行った銭湯の中で一番良い)


posted by じょあろ at 07:00| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

実感(BlogPet)

きょうはじょあろと実感しようかな。
じょあろは散歩してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 07:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする