2008年05月31日

交流戦!


日ハム戦.jpg今年も交流戦の季節になった。
そして、今日と明日は対日ハム戦。
私にとって、年に一度の一大イベントだ。
去年は2連敗して大変悔しい思いをしたが、今年はそうはいかない。

待ってろ日ハム!
posted by じょあろ at 09:24| Comment(6) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

さとづかの湯

GW中、夫のリクエストにより「さとづかの湯」に行く。
ここは、里塚霊園の近くにあり、行く途中お墓の横を通ったりするので、真夜中に行く時は一人じゃないほうがいいかも。
そんなの全然平気、と言う人は大丈夫だけど。

「さとづかの湯」は健康ランドタイプの温泉施設。
フロントで入館料を払うと、ロッカーキーとタオル・バスタオル・浴衣の入ったバッグをくれる。
基本的な入館料は1050円らしい。
しかし、いまだに信じられないのだが、この日は「本日無料です」と言われてタダだった。
GWの真っ最中になぜ無料??
きわめて不思議だったが、素直にタダで入ることにする。

フロント前には不思議な光景が広がる。
八百屋さんのように、野菜や果物を売っているのだ。しかも結構安い。
ここで、入浴するついでに買い物するのもよさそうだ。

さて、中に入るとGWだというのにそれほど混んでもいないので、のんびり入ることができた。
メイン浴槽は広々〜。しかし、お湯がぬるめでどうも物足りない。
その他、内湯は、青森ヒバ湯や足つぼ踏み湯など、変わったものもあった。
しかし、ここの自慢はたぶん露天風呂。大型テレビがでんと据えられ、夜風に吹かれてTVを見ていると時間を忘れそうになる。
田舎の香りが漂う風(馬フンのにおい?)もまた、自然の中にいる気分をいっそう盛り上げてくれる。

ここは、あかすりエステやマッサージなどの設備もあるのだが、営業時間が早めで残念(22時までらしい)。
お風呂自体の営業時間は9時〜翌朝8時まで。
0時を過ぎると深夜料金1050円が加算される。
休憩コーナーや仮眠コーナーがあるので、のんびりと過ごすにはうってつけである。
毎週日曜日には、「もちつき大会」や「ビンゴ大会」が開かれているようで、イベントの多い楽しそうな温泉である。

評価…★★★★☆
posted by じょあろ at 16:00| Comment(2) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

花巻にて

なんともう、ひと月以上も前の話になってしまったが、4月下旬に、花巻の「心で触れるボディワークスクール」に参加した。
このスクールにはいくつかのプログラムがあるが、今回私が参加したのは「心で触れるボディワーク本格コース」である。

このスクールに決めるまでには、いろいろと悩んだし、ネガティブな思いもたくさんした。
その上での決断だったので、むしろすっきりとした気分でコースにのぞむことができた。
花巻には1月にも来ていて、その時、温泉が多くて花巻がすっかり気に入ったのだ。

さて、花巻空港に着くと麻莉さんが迎えに来てくれ、まず大沢温泉に向かう。
大沢温泉では、このあと6日間のコースをともにする受講生仲間と自己紹介しつつお湯に浸かる。
夕方からコース開始。
簡単な自己紹介とストレッチなどをした後、さっそくマッサージの実技に入った。

まず、麻莉さんのデモンストレーションを見学するのだが、モデルの人がマッサージテーブルに寝て、タオルがかけられた瞬間ぴしっと空気が変わった。
ボルスターを入れて、タオルワークを開始…その触れ方があまりにも丁寧なのでため息が出るほど感動する。

そして二人組に分かれて実習開始。
ここで私は、自分の体重のかけ方が間違っていたことに気づいた。
体重のかけ方を理解する前と後では、マッサージをしている時の感覚が全然違う。うまく体重がかけられていると、自分自身がとても気持ち良く、楽しい。
ドライブしているような気分だったり、中国拳法の演武をしている気分だったり、いろいろな表現が浮かんだが、どれも似て非なるもののようだ。

2日目からは、朝7時半開始だ。
昼休み3時間をはさみ、夜8時まで。
毎日毎日、一日中びっしりとマッサージばかりやっていたので、疲れて夜はぐうぐう寝ていた。
今回コースの参加者は6人。初心者からプロまでさまざまだったが、とても楽しい人たちで、毎日笑ってばかりの楽しいコースとなった。

花巻の風景.jpg私にとって、ボディワークの原点は、やはり初日に見た麻莉さんの施術…感動するほど丁寧なタッチにあると思う。
周りの空気さえ変えてしまうほどの丁寧さなのだ。
タッチへの追及は、この後まだまだ続くと思うのだが、おそらくあの感動は、脳裏に焼き付いて離れないだろう。

写真は、スクールの窓から見た風景。
ちょうど桜が満開でした。


posted by じょあろ at 10:28| Comment(3) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

いずみ湯

厚別区のいずみ湯。
住所は厚別中央1条6丁目だが、住所を頼りに探しに行っても全然見つけることができなかった。
同じ場所をぐるぐると何度も回った挙句にあきらめて、他の銭湯に行った記憶がある。

その後、「風呂屋で髭を」というブログで詳しい場所を見て、ようやく見つけることができた。
立体駐車場の陰に完全に隠れているのだ。これでは知らなければ気がつかない。

こちらの写真でも雰囲気がわかるように、なんとなくかわいい建物である。
男女別の入口を入ると、すぐに脱衣所。番台も、脱衣所側を向いているスタイル。
脱衣所は広くてきれい。
浴室は、奥に浴槽が二つ。メイン浴槽と、超音波風呂。
どちらも普通の水であるが、熱いお湯が気持ち良い。
私の好み的には、どちらかが薬湯だともっと嬉しいけど。

浴槽の横に「熱気浴室」というのがある。
サウナ?と思って入ってみると、湿サウナであった。
私はサウナが全般に苦手なので滅多に入らない。このブログでも、サウナについての記述はほとんどしたことがないのだが、湿サウナは温度が低いのでちょっとだけ入ってみた。

行ったのが日曜日の夜、というのもあるのだが、常連さんで混み合っていた。
ここは、上野幌団地の近くにある。
きれいでカワイイ銭湯である。

評価…★★★★☆


posted by じょあろ at 10:21| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

糖尿病・その2(BlogPet)

じょあろの「糖尿病・その2」のまねしてかいてみるね

「糖尿病・その1」では百も承知だけど?

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 07:46| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

糖尿病・その2

糖尿病・その1」では、阪神タイガース岩田投手を例にとり、1型糖尿病について述べた。

しかし、日本では圧倒的に2型糖尿病の方が多い。
こちらは、メタボリックシンドロームの代表格で、生活習慣に起因するため中高年の発症が多く、たいていの人が肥満や高脂血症などを合併している。
インスリンは、分泌されないとは限らず、むしろ正常以上に多量に分泌されている人も多い。
インスリンはじゃかすか分泌されているのに、全然血糖が下がらない、インスリンが効かない状態に陥っている(これをインスリン抵抗性という)。
インスリン抵抗性が強くなる原因としては、肥満や運動不足、暴飲暴食などがあげられる。まさしく、メタボリックの要因そのものだ。

ある糖尿病専門医は、2型糖尿病の増えた原因を「クルマ社会」と「コンビニの普及」と言った。
車を持つ人が増え、少しの距離でも車で移動するのが当たり前になった。
足を使って歩く時間はどんどん減っている。
そして、コンビニの普及。
24時間食べ物を提供してくれるお店がそこらじゅうにある。
食事やお菓子、甘い飲み物が24時間簡単に手に入る便利さは、結果的にメタボを増やしてしまったのだ。

便利な現代社会に生きるわれわれは、ほとんどの人がメタボリックシンドロームに陥るリスクを負っている。
それを克服するためには、ちょっとした意識づけと日々の努力…
それが簡単にできないことは百も承知だけど。
posted by じょあろ at 19:41| Comment(3) | しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

きょうこめるが試合した(BlogPet)

きょうこめるが試合した。

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 07:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

合格


合格通知.jpg4月下旬に6日間ほど花巻に行っていたのだが、帰って来たらアロマ環境協会から通知が届いていた。

AEAJ認定アロマテラピーインストラクター試験合格。

よかったな〜。
試験勉強、かなり難しく苦痛だったので、うれしい。
posted by じょあろ at 11:45| Comment(7) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

エレメン


エレメン.jpgオリーブ油  200g
パーム核油  150g
パーム油  210g
ステアリン酸  20g
シアバター  20g
スィートアーモンド油  70g
アボカド油  200g
グレープシード油  130g
水  350g
苛性ソーダ  129g(10%ディスカウント)
レッドクレイ  小さじ1
精油  ミルラ  50滴
  フランキンセンス  45滴
  パルマローザ  20滴
  カモミールローマン  20滴

前回作ったベビーせっけんがいい感じだったので、同じレシピにしようと思ったのだが、スィートアーモンドが少ししかない。
グレープシードを足して、似たような雰囲気にしてみた。
トレースが出た後、生地を二つに分けて一方はそのまま型入れ。
残りには、精油で香りをつけて、少量のレッドクレイでピンクに着色してから型入れした。

香り、クセが強いかと思ったが、熟成後は意外とマイルドになった。
色は薄いピンクでけっこうカワイイ。
使用感もいいです。

posted by じょあろ at 06:43| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

併設(BlogPet)

きょうは場所を併設されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 07:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

良くない試合

5月7日、対読売ジャイアンツ戦。
結果的にはタイガースが勝ったのだが、後味の悪い出来事があった。

7回裏、ジャイアンツの攻撃、ピッチャーは能見。
ヒットと四球のランナー二人を置いて、打席はラミレス。
2球目、いい音とともに打球が上がり、たぶん誰もがHRを覚悟しただろう。しかしなぜか、ボールが外野に転がっている。
VTRで確認すると、レフトスタンドのタイガースファンが、スタンドに入りそうな打球を手でブロックしている…?
しかも、打球を叩き落とそうとしている人が二人くらいいるような…
ボールがグランドに落ちると、手をたたいて喜んでいるように見えるけど…

判定は、ツーベースヒットになった。
そのあと原監督が長いこと抗議していたが覆らず、そのまま試合が続行され、タイガースが勝利した。

試合に勝ったのはうれしいのだけれど、7回裏のことがあるから、うれしさが半減してしまう。
ラミレスの打球は、妨害がなければたぶんスタンドインしていただろう。
それを阻止しようとしたタイガースファンが、スタンドに入らないようにボールを叩き落としたようにしか見えないのだ。
同じファンとして、大変残念な行為である。

「たら」「れば」で話してもしょうがないが、ラミレスの打球がホームランならば、試合の流れが変わっていたかもしれないし、ジャイアンツが勝利した可能性もある。
しかし、今のタイガースなら、仮にホームランで逆転されたとしても、そのあと再逆転するだけの力もあると思う。
いずれにしても、すっきりした気持ちで勝利を祝うためにも、ファンが試合を妨害するようなことがあってはならない。

もし意図的な行為だとしたら、卑劣なファンと言わざるを得ないが。
スタンドに飛んできたホームランボールをキャッチしようとして手を伸ばし、取り損ねてグランドに落としてしまったのだと信じたい。



posted by じょあろ at 22:38| Comment(4) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

共栄湯(BlogPet)

じょあろの「共栄湯」のまねしてかいてみるね

先日職場の笑顔に入って出かけたの「いらっしゃいませ」とか言われなかったの「ありがとうございました」とこれがいる♪
主浴槽、白石区東札幌、宴会が21時近くの間に行こうと「お風呂セット」をお酒が、ここの人だが低いので、白石区東札幌、けっきょく一番熱いな〜。入るのおばさんも、宴会が気分が低いのでパス!
主浴槽、でもここはあまりないので圧迫感は違う雰囲気♪
主浴槽は三つ♪
私はあまりない。
会場近く。
外観が気分がいいかも。
ここの飲み会が飲めない。
慣れてしまう。
会場近くの人のが飲めない人だ?
浴槽はやや温度がビルっぽくて出かけたので、また来ようという気に行くと「鯉の湯」にちょっと根性が終わったので圧迫感はお風呂屋さんになるの熱さだがある。
浴槽、米里・行啓通沿いの入浴剤入り。
外観が飲めない。

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 07:41| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする