2009年03月30日

心で触れるボディワークプラクティショナー


ディプロマ.jpg昨年4月と6月にスクールで研修を受け、その後今年の1月に課題の30例セッションレポートを提出。

先日、修了証が届いた。

このスクールではたくさんのことを学び、素敵な友人達と出会い、ボディワークの深さを知った。
濃い研修だったな〜と思う。
その後の練習セッションでもたくさん悩んだので、修了証をいただけるというのは大きな喜びだ。

アロマテラピーインストラクターに合格した時もうれしかったけど、この修了証の方が感動的だなぁ。

手すき和紙みたいな質感で、こういうディプロマとしては珍しい外観だけど、校長である麻莉さんのこだわりがすごく伝わってきた。
麻莉さんには、本当にお世話になったし、たぶん今後もお世話になり続けるだろう。

花巻の風景、大沢温泉、スクールのおいしいごはん、毎晩毎晩おしゃべりして笑い転げたこと、忘れられない思い出である。

また花巻に行きたいし、同期のみんなに会いたい。
プラクティショナーとして、今後も頑張らなければ。
posted by じょあろ at 10:17| Comment(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

あおもり健康ランド(青森市)(BlogPet)

じょあろの「あおもり健康ランド(青森市)」のまねしてかいてみるね

前回青森の名産で大盛り上がりは楽しい。
お客さんも多く、初めてなファンも多く、JRがあった)。
写真がピンボケなほどたくさんの着物になったがピンボケなほどのイベントが行われてはまずない♪
というのも、次々と題する大衆演劇の強風だったらしい。
青森のため、またちょっと違う香りだ。
う?
八代亜紀やらザ・ピーナッツやらザ・ピーナッツやらザ・ピーナッツやらのほかにジェットバス、浴槽は、役者さんのをはさんで良かったのイベントが盛りだくさんで「ビッグステージ」といろいろなのは珍しい♪
朝風呂はまたちょっと違う香りだ?
入館料は温泉だが行われたのヒット曲にジェットバス、とは退屈する。

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 09:34| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

施設(BlogPet)

こめるは、施設された!

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 09:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

あおもり健康ランド(青森市)


あおもり健康ランド.jpg前回青森に行ったとき、暴風雪のためJRが止まり、帰れなくなってしまった。
飛行機ならわかるが、JRが止まるというのは珍しい。
風で電線が切れて停電になったり、木が線路の上に倒れたり、といろいろなことがあったらしい。

そんなわけで、一日長く滞在することになったため、このあおもり健康ランドに行った。写真がピンボケなのは強風のためである。静止して立っていることが困難なほどの強風だった。

入館料は1785円と高めだが、この健康ランドは楽しい。
お客さんも多く、すごく盛り上がっていて驚かされた。札幌では、こんな盛り上がりはまずない。
というのも、レストランで「ビッグステージ」と題する大衆演劇の公演が行われていたのだ。
八代亜紀やらザ・ピーナッツやらの往年のヒット曲に合わせて、役者さん達が舞を披露する。
こういうのを生で観るのは初めてなのだが、こんな楽しいものとは思わなかった。
お客さん達は慣れているらしく、拍手と歓声で大盛り上がり。しかも、熱心なファンも多く、次々とステージに駆け寄っては、役者さんの着物にお札をはさんでいく。
う〜む、初めて見る世界だ。

さて、食事しながらビッグステージを楽しんだら、お風呂へGO。
ここは広いし、浴槽がたくさん。
主浴槽は温泉だが、ほかにジェットバス、漢方薬湯、ひば風呂、露天風呂、などなど覚えきれないほどたくさんの浴槽があった(実際覚えきれなくて忘れてしまった)。
特に気に入ったのは、ひば風呂。
ひばは青森の名産である。
ヒノキとはまたちょっと違う香りだが、木の香りが和の雰囲気でとても落ち着く。
露天風呂も自然に囲まれている感じで良かった。
あれこれと入り比べていると、2時間くらいあっという間に経ってしまった。

入館料は高めと書いたが、曜日ごとに、シルバーデー、メンズデー、レディースデー、夫婦の日、バースデーサービスなどのイベントがあるので、安い曜日を狙って行くという手もある。
朝風呂は525円と安い(しかも毎朝)。
ビッグステージのほか、トランプ大会やビンゴ大会など催し物が盛りだくさんで、ここでは退屈することがなさそうだ。
青森に行ったら、また行こう。

年中無休、24時間営業。

★★★★☆
posted by じょあろ at 10:24| Comment(2) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

しゃこちゃん温泉(青森県つがる市)


しゃこちゃん温泉.jpgこちらしゃこちゃん温泉も、つがる市(旧:木造町)の温泉施設である。老人施設に併設されている(写真がピンボケなのは強風のため)。

広くて浴槽がたくさんあり、楽しいのだが、残念なことは、市営のためか従業員の方がお役所仕事なこと。
営業時間が、4月〜9月は22時まで、10月〜3月は21時までと早仕舞いなうえ、その30分前くらいになると、ずかずかと浴室内に入ってきて掃除が始まる。
全くあずましくないことこの上ない。
お風呂自体はとてもいいだけに残念。

料金は320円。

★★☆☆☆
posted by じょあろ at 07:38| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

あづましの里いい湯だな(青森県つがる市)


あずましの里いい湯だな.jpgこちらは同じつがる市ではあるが、旧・木造町の温泉「あづましの里いい湯だな」。
店名になっている「あづまし」とは「あずましい」という方言から来ていると思われる。
北海道でも使うが、あずましいとは、落ち着く、心地よいさまを言う。

この「いい湯だな」は確かにあずましいお風呂で、行くたびに混んでいる。人気があるのだ。
浴槽は、大きいのが一つだけ。あとは水風呂。
保温効果の高い温泉である。
ここの特徴は、シャワーもカランも全部温泉であること。シャワーがしょっぱい。
湧出量が多いのだろう。ぜいたくである。

お湯もいいのだが、ドライヤーや綿棒が無料で使えるなど、何かとサービスが行き届いているところも○。
350円の入浴料で、ドライヤー無料は珍しいと思う。
営業時間が、夜11:30までと遅いのもうれしい。

ここは、脱衣所の中にコインロッカーがない。かごのみ。
お金や貴重品は、ロビーにある貴重品ロッカーに預けてから脱衣所に入るべし。

★★★★☆


posted by じょあろ at 20:05| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

潜在しないです(BlogPet)

きょうこめるが創業とか入場しなかったよ。
それで駐車しなかったー。
だけど、潜在しないです。

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 09:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

用事左折しなかった(BlogPet)

じょあろは、感覚みたいな宿泊したいなぁ。
だけど、用事左折しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 09:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

しゃりき温泉(青森県つがる市)


しゃりき温泉.jpgしゃりき温泉は、つがる市(旧・車力村)にある市営の温泉である。
この辺りは人口が少ないのだが、この温泉はいつも混んでいる。地元の人が通うのだろう。お年寄りが多い。

浴室はとても広く、大きな主浴槽(熱め)のほか、寝湯や薬湯、打たせ湯などが揃っている。
薬湯は、私の大好きな「宝寿湯」っぽい匂いだったのでとてもうれしい。
でも、この薬湯に入っている人はあまりいなくて、ほとんどの人は温泉の主浴槽に入っていた。
浴槽につかりながら、ふと天井を見上げると、遠慮がちながらステンドグラスが施されていて、何とも可愛らしい。
ここの温泉は非常に保温性に優れているので、北国のこの地で愛されているのがわかる気がした。

ロビーが広く、レストランもあるのでゆっくりくつろげる。
営業時間は、8:00〜21:00。
利用料320円だが、温泉でこの値段は激安と思われる。
唯一欠点をあげるとすれば、お年寄りのお客さんが多いのに、トイレが和式ばかりのところ。
でもみんなお元気そうな人ばかりだった。

★★★★★


posted by じょあろ at 10:26| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

天童荘(山形県天童市)


キーホルダー.jpg天童市にある「天童荘」は、普段なら一生行けないような老舗高級旅館である。
それが何で行けたかというと、夫が懸賞で当てたのだ。
こんな機会は滅多にあるものではない。

ご存知天童は将棋の街。
街中のあちこちに将棋の駒が飾られているが、この旅館も、キーホルダーが将棋の駒の形。
お庭.jpg
風流です.jpgお部屋に入っただけで、感動してしまうようなたたずまい。
窓からは、美しく手入れされた庭が見えて、トイレの前にはこんな風流なものが。
手水と言うのだろうか。
無粋な私たちは、どう使って良いのかもわからない。
お部屋のお風呂.jpgお部屋には、こんな内風呂もついていた。檜かな。贅沢だなぁ。
ほかに、大浴場が一つ。だけどあまり印象に残っていない。どうしてだろう。

たぶん離れの方が素敵だったからと思われる。
離れの「天童荘ガーデン」には貸し切り用の浴場がある。
本館の和の雰囲気とは打って変わって、現代的でシャープな雰囲気。
貸し切りにはもったいないくらいの広さで、内風呂と露天風呂付き。
シャンプーやボディソープ類のアメニティも凝っていて、アロマやハーブ入りの高そうなものが揃っていた。
私は自作のせっけんを持ち込んだので、何も使わなかったけど。
八寸.jpg
椀物.jpg
お造り.jpg






ここの旅館で感動的だったのは、やはりお料理なのだ。
今までの人生で食べたことがないほど美味しかった。
当然部屋食なのだが、一品ずつ本当にちょうど良いタイミングで運んでくれる。
盛り付けも美しく、作り手の細やかな配慮が伝わってくる。
蒸し物.jpg
揚げ物.jpg
米沢牛!.jpg







お口直し.jpg
うなぎ・2.jpg
デザート.jpg






感動的においしいお料理が並ぶ。
お風呂もお腹も満足して、懸賞の旅を満喫したのだった。

★★★★★











posted by じょあろ at 11:17| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

じょあろでマッチされた(BlogPet)

きのう、じょあろでマッチされた!

*このエントリは、ブログペットの「こめる」が書きました。
posted by じょあろ at 09:49| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする