2012年02月22日

経鼻内視鏡検査

昨年末の話。
ノドの辺りに違和感があったので、近所の病院で胃カメラを受けることにした。
この病院で胃カメラをやるのは3回目だが、今回は初めて経鼻の内視鏡。
よく、鼻からだと楽だと言われているが、本当なのか?
とちょっと楽しみにしながら臨んだ(ちなみに、私が上部内視鏡検査を受けるのは、7回目くらい)。

当日、前処置を受けながら実況風にツイート。

9:00 病院で受付
9:14 鼻の通りをよくする薬(確かプリビナ)を鼻に注入
9:19 鼻にキシロカインスプレーで麻酔
9:26 胃の中をきれいにする薬(ガスコンドロップ)を飲んで、2回目のキシロカインスプレーを鼻に噴霧
9:30 筋肉注射(ブスコパン)をしてベッドへ。鼻にキシロカインビスカスで麻酔

このあとはツイートするヒマがなかったが、看護師さんが柔らかいプラスチックの管を鼻から挿入。鼻に道をつけるためと説明された。
この時にはすっかり麻酔が効いていたみたいで、全然痛みもなくスルッと入ったので驚いた。
そのあとすぐ医師が来て、検査開始。

検査自体は10分くらいで終わったように思う。
何よりびっくりしたのは、一度もゲェッとならなかったこと。
鼻から入れるだけでこんなに違うとは。

口からのカメラでは、上手に咽頭麻酔をかけることが難しいので、どうしても嘔吐反射が出てしまう。
キシロカインビスカスを口に含んで、「飲み込まずにノドにためておいてください」と言われるが、舌ばかりがしびれてしまって、肝心の場所にはあまり麻酔がかかっていないことが多い。
その点、鼻の場合は、スプレーにしてもビスカスにしても、そのまま十分効いてくれたので、信じられないくらい楽にできた。

ただ、「楽!」とは言っても、それは口から入れる内視鏡と比べてのこと。
もし一度も内視鏡の検査を受けたことがない人が、経鼻の内視鏡を受けたら、それはやっぱり苦しいのではないかと思う。
喉に棒が入っている違和感や、胃に空気を入れられる圧迫感は変わらないので。

それでも、ゲーゲー言わないので、体力の消耗は少ない。
10時前には検査が終わり、病院を出ていたし、その日の午後には夜勤に出勤したが、それほどひどい疲労感はなかった。

20代30代の頃は、朝食を抜いて仕事に行き、仕事をちょこっと抜けて内視鏡検査を受け、またすぐ仕事に戻る、ということを当たり前にやっていた。
私だけではなく、多くの同僚がそうしていた。
院内に内視鏡室があるからこそ出来る技だが、今では多分無理だと思う。
前処置に使う注射(ブスコパン)のせいで、しばらく目の焦点が合わないのだ。
若い頃にはそんなことがなかったので、トシとともに目の調節機能が衰えてきたのだろう。
ブスコパンを注射したあと、数時間は字を書いたり読んだりできないので、検査を予約するときにはスケジュールに注意が必要だと思う。

で、検査結果は、予想通り逆流性食道炎だった。
ひと月ちょっと薬を飲んで、今ではすっかり改善している。
posted by じょあろ at 10:42| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

ニューイヤーコンサート

毎年1月に、江別市で行われるニューイヤーコンサートを聴きに行くのを恒例にしたいのだが、ブログを見てみると、前回聴きに行ったのは2008年
行けそうで行けないのだ。

2009(2010かも?)年は、確か大雪で行けなかった。
去年は、会場に入って、開演5分前のアナウンスが流れたときに職場から電話。
その日の夜勤者が、身内に不幸があって出勤できないので、かわりに来てほしいという内容だった。
そのため、泣く泣くホールを後にして、仕事に行ったのだ。
その電話があと10秒遅かったら、ケータイの電源を切っていたことは間違いなく、だとしたら夜勤に行くこともなかったと思う。
残念だが仕方がない。

さて今年こそは聴くぞ、と気合を入れて出かけた今回。
曲目は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。

この有名な曲、私もとても大好きな曲で、初めて聴いたとき(20代の頃だ)には、なんて劇的な曲だろうと感動で鳥肌が立った。
それからずっと大好きな曲。
最近は、車の中でラフマニノフのCDをかけているので、毎朝の出勤はラフマニノフをBGMにしている。

初めて聴く、生のラフマニノフ2番。
生での演奏って、どうしてこんなに感動するのだろう。
演奏が始まってすぐ、ピアノのソロのあと、低音の弦楽器によるうねるような旋律に入るが、そこで泣いていた。
心を揺さぶる音楽があるとしたら、これがまさしくそうだと思う。
なぜこんなに、感動させる曲を書けるのか。

ラフマニノフと言えば、私が思い出すのは、古い話で恐縮だが、アルベールビルオリンピックでの伊藤みどりである。
あの時には、彼女がトリプルアクセルを成功させるかどうかが注目の的になっていて、ショートプログラムでは、プレッシャーのあまりトリプルアクセルをトリプルルッツに変更して失敗。
フリーで飛べるかどうか、日本中(世界中かも)が期待とともに見守る中、1回目は失敗。
もう1回挑戦するだろうか…無理かな…、という雰囲気の中、後半、このラフマニノフピアノ協奏曲第2番第3楽章で最もドラマティックに盛り上がる瞬間、見事にトリプルアクセルを決めたのだ。
きっと、見ているすべての人がため息を漏らしたと思う。
演奏を聴いて感動で泣きながら、そんなことを思い出していた。

この日のピアニストは水谷桃子さんという若手。
プロフィールを見ると東京芸大の現役の学生だそう。
学生であっても、才能ある人は見事な演奏をするのだな。
08年のデームスのピアノも素晴らしかったけど、人を感動させるのに、年齢は関係ないのだろう。

今年のニューイヤーコンサートは、ラフマニノフのほかは、ベートーベンの田園。
これもとても有名な曲だが、ラフマニノフの感動が強すぎたのか、それほど印象に残っていない。


江別市は札幌市の隣の、人口10数万程度の市。
札幌が近すぎるため、こういうコンサートやイベントは少ないのだが、このニューイヤーコンサートは毎年素晴らしいレベルだと思う。
オーケストラは札響で、指揮者、ソリストとも毎年一流の人が呼ばれている。
聴いたあとは、必ず満足な気分で帰途につく。
そしていつも、今年はもっと生の演奏会をたくさん聴きに行きたいなぁと思うのだが、それはあまり実現されたことがない。
今年はどうなるかな?

posted by じょあろ at 12:36| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

牛乳パックとカルトナージュ・その7

3度目の体験会で、フォトフレームを作った。
先生は、過去2回と同じ。
フォトフレーム.jpg
斜めにかけたリボンに、絵や写真を挟んで飾る。

この作品では、過去2回に比べると新しい発見などは少なかった。
多分、パスケースペン立てで、カルトナージュの初歩の技術はあらかた教えていただけたのではないかと思う。
気軽に受けられる体験会で学ぶことは、もう限界なのかな…と感じさせられた。

それで、ちゃんとした教室に通いたいな、と思いはするものの、仕事をしているとそれもなかなか難しく、ちょっとあきらめ気味だったが、今月と来月、2回で完結する講座を発見。
うまく休みもとれたので、早速申し込んだ。
講師は、いつも体験会でお世話になっている先生。
楽しみ!
posted by じょあろ at 11:56| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする