2012年05月26日

スノーカナンガ

スノーカナンガ.jpg
馬油  380g
椿油  500g
パーム核油  100g
ステアリン酸  20g
水  350g
苛性ソーダ  129g(10%ディスカウント)
精油  イランイラン  120滴
  プチグレイン  50滴
  ハッカ油  100滴

保湿感があって、見た目真っ白なせっけんをめざしたレシピ。
ちょっとやわらかいけど、保湿感はバッチリ。
このせっけん、ゼリー型に入れた方はこのまま使うが、牛乳パックの方は、このあと加工して別のせっけんにするつもり。

posted by じょあろ at 11:14| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

ドラマ・2

前回に続いて、ドラマの話。

坂の上の雲・第3部
昨年末、このドラマをものすごく楽しみにしていたのだけれど、期待はずれに終わった。
1部、2部の良さはどこへ行ってしまったのか。
ひとりひとりの登場人物の台詞や表情がすごく魅力的で、そこが何度でも観たいと思わせてくれる理由だったのに、第3部は戦闘シーンばっかり。
台詞をじっくり味わうようなところは少なかった。
そして、エンディングの歌。
第1部は伸びやかで澄んだ声が美しいサラ・ブライトマン。
第2部は森麻季さん。
サラ・ブライトマンより大人っぽい声で、最初はちょっと違和感があったが、何度か聞くとしみじみと味わい深く、心に響いてくる歌声。
2部から、歌詞が日本語になったのも良かったと思う。
この歌は、ドラマのタイトル通り、青い空を見上げているような、晴れ晴れとした広がりと、希望や勇気を感じさせてくれる。
第3部は誰が歌うのだろう…?と思っていたら、麻衣さんという人。作曲の久石譲氏の娘だという。
まさかコネで採用されたのではあるまい、と思いながら聞いてみたら、とても残念な歌声だった。
声そのものはきれいだけど、児童合唱団?という感じの子供っぽい歌い方。
感情がこもらず、楽譜通りの平坦な歌。
サラも森さんもしっとりと情緒豊かに歌い上げていただけに、最終章の第3部でこのレベルダウンはあまりにもがっかりである。
実力以外の要因が働いたのだろうなと思わざるを得ない。

カレ、夫、男友達
なかなか重いテーマを扱っていたが、俳優の魅力でなんとかまとめてしまった、という感じのドラマ。
DVは見ていて結構きつかったかな〜。ユースケ・サンタマリアが嫌いになっちゃった(彼に罪はないんだけど)。
麻ちゃん役の木村多江ってハマってるなぁと思っていたら、薄幸な役をやらせたらピカイチと評判の女優だったらしい。
後半の逃げるところなど、なかなかドキドキしながら見てしまった。
治子ちゃんの真木よう子は不思議な魅力のある人。目ヂカラのせいなのか。
仕事ができて、しかもモテモテのキャリアウーマン役、女の目から見ても魅力的だった。
そして末っ子の育ちゃん、可愛かった!
その彼氏もぶっきらぼうだけど素敵、と思ったら、友和&百恵の息子。
ちゃんとオーラ受け継いでる。いい俳優になりそう。
結果的に、3姉妹みんなハッピーエンドでよかったよ。
麻ちゃん夫婦の結末はちょっと安易だったけど…(記憶喪失て(笑))

本日は大安なり
コメディなので内容がくだらないのはご愛嬌。
しかし優香ってかわいいね。
何もかも許せちゃう可愛さだな。
前から、優香は表情がすごくステキ、と思っていたので、このドラマでそれを再認識した。
浅野ゆう子もお局っぽくてよかった。
個人的には、角替和枝が好き。演技力あるな〜と思う。
ココリコ田中、最近俳優やってるのを結構見るけど、意外と上手な印象。
このドラマも、結果的には全員ハッピーエンド。
作り物なのだから、笑って見られる話のほうがいい。

梅ちゃん先生
大人気の「カーネーション」の後番組なのでかわいそうだな、と思っていたけど、やっぱりおもしろくない。
俳優の演技力がないほか、セットやメイクにもリアリティがないんだけど、どうしてだろう…?手を抜いている?
ストーリーはつまらなくて、あまり見る気がしない。
NHKの朝ドラは15分間なのだけど、「カーネーション」の時にはあっという間に過ぎていた。そして15分とは思えないほど濃密。
「梅ちゃん先生」は15分がすごく長い。まだ終わらないのか〜と、5分を過ぎたくらいで飽きてきてしまう。頭に残るセリフもないし。
そして、主題歌SMAPは残念。
朝っぱらから音痴な歌は聞きたくない。
SMAPの魅力はビジュアル面にあるのだろうから、彼らの姿が見えない状態で、歌だけ聞かされるというのはかなり苦痛。


と、またNHKのドラマばかりになってしまった。
民放は野球以外あまり見ていない。
なんだかんだ言っても、結局はNHKのファンなのだ。
posted by じょあろ at 18:25| Comment(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする