2013年03月23日

ドラマ・3

シングルマザーズ
久しぶりに真剣に見たドラマ。
このドラマ、DVが一つのキーワードになっている。
以前やってた「カレ、夫、男友達」に続いて、NHKはDVをドラマで扱うことが増えてるような。
女性が、自分らしい生き方を求めて離婚を選択するのは悪くはないことだと思う(夫から人間以下の扱いを受けて、我慢する必要はない)が、それにしても女性が働くというのはずいぶん大変なことなんだなぁ。
直も、仕事を探して苦労していた。
個人的には、介護・看護系を選べばいいのに、と思いながら見ていた(この業界では、年中人が不足しているので… )。
北斗晶、ドラマに出ているの初めて見たけど、演技力はそれほどじゃないのに、キャラが合っててすごく良かった。こういう人が近くにいると頼もしいだろうな。
直の夫役、田中哲司は私が見るドラマでいつも個性的な役をやっている。
大河ドラマでは気持ち悪い徳川慶喜役、別のドラマでは保険金目当てに殺され、そしてここではDV夫。
演技力があるのだろう。
沢口靖子は相変わらずだなぁ。ヘタだよね。でも美人だから許す。
脇を固める役者さんたちが光ったドラマ。

実験刑事トトリ
ドラマを見ている視聴者には、最初から犯人がわかっている。
わかっていながら、どのように犯人を追いつめていくかがポイントのドラマ。
このスタイルは見たことがある… と思ったら、「古畑任三郎」のシリーズがこのパターンだった。
犯人がわかっていながら視聴者を引き付けておくには、よほど謎解きの過程が面白くないと無理。
そのためには主役の強烈な個性が必要… ということで、「実験刑事」なのだろう。
トトリ君も悪くはなかったが、強烈な個性としてはちょっと弱いかな。
やはり、「古畑&今泉」の個性には負ける。
見ていてちょっと退屈してしまった。
ただ、先輩役の高橋光臣は爽やかでなかなか良い。←個人的好み。

いつか陽の当たる場所で
これもまた、DVが一つのキーワードになってるドラマ。
前科を持つ女性二人の出所後のお話。
上戸彩は、思ったより演技がヘタ。セリフが常に棒読み。
だけど、その不自然なしゃべり方が、常に緊張して生きている感じを出しているのかもしれない。
飯島直子は明るいキャラで、こういう人いそう、という自然さが良かった。
設定から考えれば、すごく面白くて、すごく感動してもよさそうなんだけど、意外に退屈だった。
どうしてかな。先が読めてたのかもしれない。

書店員ミチルの身の上話
このドラマは、すごく面白くて、毎週、次の火曜日が待ち遠しかったほど。
ヒロインは、特に特徴のない人だったけど、脇を固める俳優さんたちがすごい。
久太郎役の柄本佑、この人、どこにでもいそうな一見冴えない役をやるの上手だなぁ。
平凡な人を演じてるのに逆に目立つみたいな感じ。
そして、ヒロインの親友初山役の安藤サクラ。この人も、すっごく普通っぽい役を上手にやってるな〜と思った。
こういうぶっきらぼうなしゃべり方する人っているよねって感じ。
柄本佑と安藤サクラは実生活で夫婦。夫婦で向かい合ってお芝居するのってどんな気分なんだろう。
あと、強烈な個性の濱田マリはさすが。
この方は、NHKのドラマによく出てますね。
浅田美代子は、おバカな人かと思ったが、こういうしっかり者の上司役をやっても全然違和感がない。役者だなぁ。
豊増一樹役の新井浩文、名前がタイガースの新井貴浩に似ているのでそれだけで十分記憶に残るが、なかなかのイケメンにもかかわらず、軽薄で無責任なキャラだったのでそこがまた印象に残った。
しかしやはり一番は、高良健吾だろうか。
「おひさま」でものすごくいい人を演じた彼。
今回も、初め人畜無害ないい後輩で登場したと思ったらあとで恐ろしいことに…
顔がカワイイだけに、よけいギャップがすごい。
さて、このドラマ、エンディングの音楽もすごく好きだった。
その背景で、ミチルがただ歩いている映像が流れるんだけど、それがスローになったり、逆に速くなったり。それがすごく効果的で、音楽に合ってて、すごく良かった!
posted by じょあろ at 12:01| Comment(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

スノーグラス

先月の、「第3回石けん作りの会」で作ったせっけん。
スノーグラス.jpg
オリーブ油  400g
パーム核油  90g
パーム油  200g
太白ごま油  240g
ひまし油  50g
ステアリン酸  20g
水  350g
苛性ソーダ  123g(10%ディスカウント)
グリーンクレイ  大さじ2
精油  コパイバ  70滴
  ツガ  20滴
  ローズマリー  100滴
  レモン  80滴

オリーブオイルは、エクストラバージンを使ったので、全体にうっすら黄緑色。
牛乳パックでツートンカラーのせっけん、ヨーグルト容器でマーブルせっけん、小さいゼリー容器でグリーンの石けんを作った。
まず、着色してない生地を牛乳パック半分くらいまで流し入れて、ボウルに残った生地にグリーンクレイを入れる。
あまり混ぜずにヨーグルト容器に入れ、マーブル模様に。
最後にボウルに残った生地をまんべんなく混ぜてから、先ほどの牛乳パックに静かに流し入れるとツートンカラーの完成。
余った生地は小さい容器に入れた。

一度に1000gバッチで作ることが多いので、色や模様をちょっとアレンジして、飽きないようにしている。

洗ってみると、泡がもこもこで気持ちよかった。
ひまし油の効果かな?

今回、ヤングリビングの精油をお借りしたので、コパイバやツガなど、今まで知らなかった香りと出会うことができた。
ちょっとスパイシーでエキゾチックな香りで私はけっこう好き。
アロマの世界もいろいろあるんだな〜と勉強になった。
posted by じょあろ at 16:39| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

NH石けん作りの会

「友達と一緒に石けん作り」が最近マイブームである。
一人で作るよりやっぱり楽しい。ついでにおしゃべりもできる。

そんなわけで、今回は職場の同僚と一緒に石けん作り。
同僚二人にとっては初めての手作り石けん。
色のきれいな石けんを作りたいということだったので、生地が白くなるオイルをチョイス。
オイルたくさん.jpg

真剣な表情でオイルを計量。←仕事とはまた違う緊張感?
真剣に計量.jpg

この後、私は自分の石けんの仕込みをしていたので写真がない。
気がついたら、二人ともトレースが出ていた。
精油で着香、そしてクレイで着色。
色は、普通につけてもいいし、マーブル模様にもできる… と言ったら、「マブりたい!」と。
クレイでまぶる.jpg

二人とも、初めてとは思えない手際の良さで、あっという間に型入れ。
型入れ.jpg

ついでなので、化粧品も作ることにした。
まず、リップクリーム。
「えっ、リップって作れるの?」と驚かれると、ちょっと気分がいい。
材料「みつろう」でなぜかウケる二人。
「人の名前みたい」と言う。確かに。
リップクリーム〜.jpg

そのあと、化粧水と乳液も作って、記念撮影。
これで、手作り化粧品のファンになってくれるといいな。
作った化粧品.jpg

お茶飲んでケーキ食べて、たくさんしゃべって、楽しかったな〜。
またやろう!という話になったので、「NH石けん作り」も定例になるといいな。

石けんは、作ってみると難しくないのだが、苛性ソーダやパームオイル、ココナツオイルなど初めに材料をそろえるところでハードルがある。
化粧品にしても、グリセリン、みつろう、精油など、持っていない人のほうが多いと思う。
初めのうちは、こういう機会があった方が抵抗なく手作りになじめるかもしれない。

というより、私が一番楽しかったけどね!
posted by じょあろ at 10:25| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする