2013年07月06日

去年からハマっているもの〜紅茶

去年、あるきっかけから紅茶を好きになった。

本を読んでちょっと勉強して、専門店と呼ばれるところに行ってみたり、サイトをあちこち見てみたり。
もともとコーヒー好きだったが、紅茶も面白い。そして美味しい。奥の深さにすっかり夢中になった。
IMG_20130526_134603_1.jpg
お店に行って、プロのお茶をいただくのはもちろん美味しいが、茶葉を買って自分で淹れてみるのもまた楽しい。安いし。
上の写真は、ダージリンファーストフラッシュのジャンピングの様子。

紅茶を美味しく入れるコツ(と言ってもそんなに詳しくないが)は、ティーポットやカップを温めておくこと、沸騰寸前(95〜98℃)のお湯を使うこと、そのお湯を30pくらいの高さから一気に注ぐこと… など。
要は、ティーポット内で茶葉をジャンピングさせることが大事らしい。
ジャンピングさせるためには、温度と、お湯の中の空気が必要。
沸かしすぎるとお湯の中の空気が飛んでしまうので、沸騰寸前という微妙な状態のお湯を使う。
同様の理由で、汲み置きの水や、電気ポットなどで保温したお湯は適さない。

条件がそろうと、ティーポットの中で茶葉が上下に踊ってくれて、うまみ成分が十分に抽出された美味しい紅茶になる。
初めの頃、うまくジャンピングができないとイライラしたりしていたけど、それではせっかくの紅茶が台無しになるので、最近はあまり気にしないことにしている。
ガラスポットの中を凝視しなくても、できたお茶が美味しく飲めればそれでよいと思うことにした。

ちなみに、ジャンピングを気にするなら、BOPやCTCなど、小さい茶葉のほうがうまくいくことが多い。
OPは葉が大きい分重いせいか、ちょっと難しくなる。
OPの茶葉できれいにジャンピングが見られたら、上手になったと思っていいかもしれない。

その他の条件としては、茶葉が新鮮であることと蒸らし時間を守ることだろうか。
でも、リラックスした気分で楽しむことが一番大事なんじゃないかと最近は思う。
PAP_0027.JPG
勉強の合間っぽい演出の写真。
覚えてないが、多分紅茶はアッサム。
うちで飲むとき、朝はコーヒーだが、それ以外の時間は紅茶を淹れることが多くなった。
紅茶のほうが胃に穏やかな感じがする。
PAP_0028.JPG
パソコンと紅茶。
休日にひとりで食べる昼食は、おにぎりと紅茶という組み合わせがけっこう多い。
クセのない紅茶を合わせると、ごはんにも違和感がない。
PAP_0018.JPG
これは、大学に試験を受けに行った時のもの。
紅茶は確かニルギリ。
以前の自分なら、コンビニで缶コーヒーとおにぎりでも買うところだが、紅茶を水筒に入れて、おにぎりを持って出かけた。
試験の合間に美味しい紅茶を飲めるというのは最高にほっとする。
コンビニまで出かける手間が省けるので、休み時間が有効に使えるのもありがたい。
売ってるペットボトルの紅茶より絶対美味しい。
飲み物を持参するのは、実はとても贅沢なことなんだなと気づいた。

そんなわけで、うちの中でも外出の時でも、紅茶の出番がどんどん増えている。
紅茶を飲むようになって、ちょっと世界が広がった感じもあるのだが、それはまた別の機会に。
posted by じょあろ at 15:07| Comment(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする