2013年09月26日

紅茶のお店

先日書いたように、近頃は紅茶が大好き。
札幌には、紅茶専門店がいくつかあるので、そのご紹介。


サロン・ド・テ アズ
lc4bx5ew.bmp
知る人ぞ知る、本当に紅茶好きが行くお店(だと思う)。
ひとことで言えば「本格的」、日本紅茶協会認定の「おいしい紅茶の店」。
メニューの中心はダージリンだが、農園別になっているので、ダージリンだけで10数種類に及ぶ。
メニューを選ぶのが大変そうだけど、農園の知識とかは別に必要じゃなくて、気分や好み、体調なんかを伝えれば店主さんが合った紅茶を選んでくれる。
スイーツも置いてあるけど、できれば紅茶だけをいただく方が、紅茶の味の繊細さがよくわかるように思う。
リーフルの茶葉使用。
行くたびに、必ず満足できるお店。


紅茶専門店 ニルマーネル
ii070k46.bmp
一番よく行くお店。
紅茶専門店なんだけど、気取りがなくて親しみやすい雰囲気。
ソファ席があって、そこでくつろいでると思わず居眠りしそうになるくらい。
メニューはスリランカティーが多いけど、アッサム、キーマンなどのほか、フレーバーティーやアレンジティーも充実。
珍しい国産紅茶もあるが、ダージリンは季節限定。
ここはスイーツがとてもおいしくて、特にスコーンは大好き。
季節ごとに限定スイーツが出るので、それも楽しみ。
女性二人でやっていて、二人とも素敵な人。
茶葉やティー小物も買えます。


紅茶専門店 ディコヤ
PAP_0025 - コピー.JPG
10年以上続く紅茶専門店。
ここもスリランカティーが中心で、ダージリンは季節限定。
スイーツではワッフルが有名。
確かにワッフルは美味しいんだけど、シロップのかかったワッフルを食べちゃうと、紅茶の微妙な味は全然わからなくなるのが悩ましいところ。
お店が広いので、茶葉やティー小物を置いてある売り場も広くて、いろいろ見てると楽しい。
ただ、茶葉は遮光されていないのがちょっと残念。


紅茶専門店チャチャドロップ
PAP_0015.JPG
ディコヤで修業したマスターが開いたお店。
当然のことながら、ディコヤの影響を濃厚に受けているので、メニューや茶器などはディコヤにかなり似ている。
私は一度しか行ったことがないが、ちょうどオータムナルの時期だったのでそれをオーダーしたら、味も香りもしなくて残念だった。
マスターのブログで、「味がしなかった、とツイッターで書かれたことがある」という記述を読んだこともあるので、茶葉の量の調整に努力されている様子。
ティーコジーがとてもかわいいのが特徴のひとつ。


石渡紅茶
PAP_0016.JPG
「紅茶専門店 札幌」で検索すると、必ず上位に出てくるお店。
先に挙げたお店と違い、ここは茶葉を濾した状態でポットに入って出される。
そのため、時間が経っても濃くなったり渋くなったりということはまずない。
ここは好みの分かれるところだろうけど、私個人的には、時間とともに味、色、香りが変化するのも楽しみの一つだと感じているので、ポットの中に茶葉が入っている方が好きである(紅茶を飲んだ後の、茶葉の状態を見るのも好き)。
あと、ティーコジーがないのはとても残念。
ティーコジーひとつで、本格っぽさが増すのに!


阿毘達磨
z7dndqs2.bmp
不思議雰囲気の隠れ家的お店。
紅茶専門店ということになってはいるが、コーヒーも置いてある。
ここも、茶葉が濾してあるんだけど、不思議と物足りなさは感じなくて、とてもおいしくいただけた。
ついでに言うと、ティーコジーもなかったんだけど、こちらもそれほど気にならず…
お店の雰囲気が独特で、その魅力が大きいから、ほかの欠点は気にならなくなっちゃったのかも。
お店にいるのは女性だったけど、この方もとても素敵でした。
静かな雰囲気を楽しめるお店。


他にも有名なお店はあるのだが、機会がなくてまだ行っていない。
今後、新規開拓していくのを楽しみにしている。
posted by じょあろ at 12:08| Comment(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

久しぶりに一人で作ったせっけん。

7crr5qj3.bmp
オリーブ油  300g
パーム核油  150g
パーム油  210g
ステアリン酸  20g
スィートアーモンド油  225g
アボカド油  125g
水  350g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)
カレンデュラ  大さじ1
グリーンクレイ  小さじ2
精油  ラベンダー  80滴
  はっか  100滴
  フランジュパニ  20滴
  コリアンダー  50滴
  メイチャン  80滴
  イランイラン  80滴

ティーンズソープ以来の、上司からの依頼によるせっけん。
アトピーのお子さん用という依頼なので、新しい素材を使うのは避け、マンネリになっちゃうけど、安心第一のいつもの素材中心で考える。
4週間経って自分で使ってみたら、泡のクリーミーさにびっくり。
スィートアーモンドとアボカドってこんなに良かったっけ?と思うほど。
特にシャンプーに使うと、その良さがはっきりわかる。
最近髪を伸ばしていて、ようやくロングになってきたところなので、ショートの時には気がつかなかったこともわかりやすい。
石けんの質で、髪のさらさら感が全然違うので、こういう石けんを作ると我ながらかなりうれしい。
posted by じょあろ at 12:06| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする