2015年12月20日

バロック音楽

今年の4月からあるお稽古事を始めたのだが、そのレッスン中によくバロック音楽がかかる。
もともと大好きなバロックについての独り言。

カノン(パッヘルベル)
言わずと知れたバロックの代表曲。
CMとかでよく使われているので、この曲を聴いたことのない人はいないのではないだろうか。
私が初めて聞いたのは、中学の時だったかなぁ。
NHKの「名曲アルバム」が初めてだった。
たちまち大好きになり、当時はお金がなかったので、FMから録音して聴いていた気がする。
この曲は、私にとっては「朝」のイメージ。
希望とか夜明けとか、そういう言葉がぴったりくる。
初めてこの曲を聴いてから何十年も経ち、その間辛いことや落ち込むこともあったけど、いつもこの曲が気持ちを慰めてくれたなぁと思う。

アルビノーニのアダージョ(ジャゾット)
この曲も、買ったCDのほとんどに入っているバロックの代表曲である。
初めて聞いたのは高校の時だった。
NHKのドラマ「あ・うん」のテーマ音楽で、当時、クラシック音楽がドラマのBGMとしてこんなに合うなんて衝撃だった。
悲しさと可笑しさが絶妙なバランスで同居する不思議な雰囲気のドラマで、今でもいくつかのセリフを覚えているほど印象に残っている。
このアダージョの泣きそうなほど美しく物悲しい旋律が、登場人物の複雑な思いを代弁しているようでとても効果的な使い方をされていた。
今聴いても少しも古さを感じない、しみじみと深い曲である。

オーボエ、チェロと弦楽合奏のためのアダージョ(ツィポーリ)
この曲は、他の曲が聴きたくて買ったCDにたまたま入っていたものなので、この年になって初めて聴いた曲である。
曲のあまりの美しさに胸を撃ち抜かれた。
とてもドラマチックで、まるで映画音楽のよう。
私は気に入った曲を見つけると、100回も200回も、一日中同じ曲を聴き続けるというクセがあるので、しばらくこの曲ばかり毎日聴き続けていた(それでもあきない)。
中学生の頃からバロックは好きだったのに、どうしてこの曲は今まで知らなかったのだろう。
人生にはいろいろなことがあるけど、たとえつらい時でも、光はきっと近くにあると教えてくれる、そんな曲。
オーボエの艶のある音と、チェロの落ち着いた音が交互にメロディを奏でる。
最後の方に高音のトリルがあるのだが、高音のトリルってこんなにも心を高揚させてくれるのだなぁとあらためて気付かされる曲。
何度も聴いているのに、そのトリル部分が近づくと思わずどきどきしてしまうほど好き。
そして私は、ツィポーリという作曲家も知らなかった。
数百年も昔の作曲家が、こうして多くの人を感動させる美しい音楽を残してくれているってよく考えるとすごいことだと思う。

トランペット・ヴォランタリー(クラーク)
この曲、初めて聴いたのは高校の時だった。
その時にはそれほど感動しなかったのだが、最近買ったCDにたまたま入っていて聴きなおして、やっぱりいい曲だなぁと思いなおした。
とても貴族的な印象の曲で、聴くと思わず背筋が伸びるような誇らしさに満ちた曲である。
トランペットの伸びやかな音がなんとも美しく、トランペットを吹く人ならだれもが憧れるのではないかと思う。
最近は、テレビでCMに使われているので聞いたことがある人も多いかもしれない。
嵐の大野智氏がナポレオンのような格好で出演するCM。
作曲のクラークはイングランドの人で、この曲はある王族のために作曲したとのこと。
貴族的な雰囲気を感じるのもうなずける。
ナポレオンはフランスだが、高貴な雰囲気という意味では納得できる選曲である。
posted by じょあろ at 16:19| 北海道 ☔| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

三段

たびたび書いているじゃらんの「温泉めぐりスタンプラリー」、今年は初めて三段に昇段することができた。
三段は35湯制覇。
約半年で35か所の温泉を巡るのは簡単ではなかったが、今年は車中泊のおかげで効率よく回ることができた。
温泉めぐりと車中泊は相性がいい。

じゃらんから記念品が届いた。
DSC_0259.JPG
三段の記念品はタオルである。
派手なデザインが笑いを誘う。

そして、一緒に入っている「おめでとうございます」の紙だが…
DSC_0258.JPG
なんか地味だな…
そうか、白黒だからだ。
初段の時と比べてみる。
DSC_0174.JPG

察するに、三段の紙は印刷が間に合わず、コピーして送ってきた感じ。
まあ、記念品の価値には変わりがないんだけど。
じゃらん事務局の想定していた以上の人数が参加したのかもしれない。

もちろん二段(25湯制覇)というのもあるが、なぜか二段は記念品がない。
四段は70湯制覇といきなりハードルが高くなるので、今年はこれ以上の昇段は無理だと思う。
posted by じょあろ at 11:02| 北海道 ☔| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

車中泊・道北2

ここまでずっと日本海沿岸のオロロンラインを走ってきたのだが、ここからは北上しながら内陸に入る。
山の中に「遠別町旭温泉」があった。
DSC_0185.JPG
もともと私は、海より山の方が断然好きな山派なのもあるが、今回の旅で一番気に入ったのがこの旭温泉。
外見からして情緒が違う。
歴史を感じさせるたたずまいを見ただけで大いに期待させられた。

まずは腹ごしらえ。
コンビニ弁当やおにぎりが続いていたので、こってりしたものを食べたいと思い、ジンギスカン定食を注文。
DSC_0186.JPG
お風呂は、泉質の違う2種類の温泉、というのがウリなのだが、行ってみると確かに色も匂いも全然違う。
不思議だなぁ。
茶色のお湯と黒いお湯、一度に両方楽しめるなんて贅沢。
浴槽に浸かっていたら、地元の方に話しかけられた。
「遠くから来られたんですか?」
「札幌です」
「あれま、そんな遠くから。今日は連休だから、人がたくさん来てくれてうれしいわ」
「いつもはこんなに混んでいないんですか?」
「全然だよ」
この近くで農業をされているとのこと、毎日畑仕事のあとにこの温泉に来ているそうだ。

温泉の周りは山。
DSC_0190.JPG
大きくてきれいな蛾がたくさんいたので写真に撮ってしまったが、このあと夕方以降はこの蛾が大量に乱舞しているところを何度も見ることになった。

このあとは少し南下することに。
まずは、音威子府の道の駅で休憩する。
この地名は「おといねっぷ」と読む。
アイヌ語に漢字を当てているため、北海道の地名は面白いものが多い。
DSC_0192.JPG
DSC_0191.JPG
最初に道北旅行の計画を考えたとき、この道の駅を宿泊場所にしようかと思っていたのだ。
少し調べると、あまり口コミが良くなかったのでやめたのだが正解だった。
トイレのある方に向かうと、ハエがぶんぶん飛び回り、においもすごい。
見るまでもなく、汚い(いつ掃除したのだろう?)。
こんなに汚いトイレでは、掃除する人も気の毒である。
ここで車中泊したとしても、この洗面所でコンタクトを洗ったり歯磨きしたりは到底無理だったと思うので、避けて良かった。
しかし、せっかくの道の駅なのだから、この状況は何とかしてほしいな。

次、名寄。
DSC_0194.JPG
DSC_0193.JPG
スキー場のあるホテルである。
名寄は、北海道の中でも特に厳寒の地で、近隣はスキーのジャンプが盛んな土地。
ここのスキー場にもジャンプ台があった。
なよろ温泉サンピラー」は、ホテルの温泉。
露天風呂がないのは残念な気がしたが、冬の寒さを考えるとその方がいいのかも、と思った。
天然温泉の浴槽はすごく小さいので、みんながその浴槽にひしめくように入っていた。
このホテルで夕食を取った。
DSC_0195.JPG
見た目普通の天ぷらそばだが、意外なほど不味い。
もっと高いものを注文すればよかったのか。
珍しく全部食べることができないほど不味かった。残念。
つくづく食事に恵まれない旅である。

最後は「剣淵温泉レークサイド桜岡」。
着いたら夜だったので写真はない。
ホテルの温泉なので、従業員の対応も丁寧で得した気分になれる。
ただ、この日5か所めの温泉なので、もう疲れてどうでもいい気分になっていた。
お風呂も楽しく入れるのは1日3か所くらいだろうか。
それ以上無理して行っても、よけい疲れる結果になるように思う(隣に建っているとか、よほど移動距離が短ければ別かもしれないが)。
このあと、ヘロヘロした気分で帰路についた。

ゆったりした日程で、余裕を持って湯めぐりできれば多分最高なのだろうと思う。
いつかはゆっくりのんびり湯めぐり旅を楽しみたいものである。
posted by じょあろ at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

車中泊・道北

9月の話なので、もう記憶も薄れてきているのだが…
2度目の車中泊旅は道北に行くことに決めた。
今度は移動距離が少し長いが、前回同様1泊で行くことにする。

まずは増毛。
私は方向音痴なので、初めての場所に行くときにはナビ頼みである。
ところが、どうもナビが間違っていたらしく、増毛の温泉がどうしても見つからない。
あきらめきれず何度もそのあたりを往復しているうちに日が暮れて真っ暗になってしまった。
2時間以上無駄にしてしまったろうか。
田舎なので目印も少なく、暗くなってしまうと探しようがない。
あきらめて次を目指す。

次はオロロンラインを北上し、苫前へ。
とままえ温泉ふわっとは道の駅併設のせいか、ここも車中泊の車が多い。
DSC_0179.JPG
連休なのでバイクも多かった。
道の駅の名前は「風Wとままえ」。
風Wと書いて「ふわっと」と読む。
この町の名物である風力発電を意味しているのだろう。

この温泉は、洞窟っぽい感じがあってとても好き。
ゆっくり入りたかったのだが、なにしろ増毛で余計な時間を使ってしまったので、苫前に着いたのは閉館の30分前だった。
あわてて入浴。
夕食も取る暇がなく、悔やまれる。

このあと、車内のベッドメイキングをして、宿泊予定地の羽幌に移動する。
途中で夕食…と思ったけど、やっぱり田舎なのでファミレスなんかあるわけない。
かろうじてやっているのは飲み屋さんなので入りにくい。
しかたなく、コンビニでお弁当を買って車内で食べる。
車中泊旅では、なかなかおいしい食事に当たらない。
夜遅くなってしまうと田舎の方では閉まってしまうお店も多いし、そもそもお店自体がすごく少ない。
それでもコンビニがあるからまだ何とかなるが、本当に田舎に行くと、コンビニの数もすごく減ってしまうので、見つけたら早めに食糧を調達しておいた方が良いようだ。

そんなことを思いつつ羽幌。
DSC_0177.JPG
ほっと♡はぼろ」という名の道の駅だが、ホテルの駐車場なのかな?と思ってしまうような規模。小さめの道の駅。
ここに着いた時には、すでに車中泊の車がたくさん泊まっていた。
はぼろ温泉サンセットプラザ」というホテルが併設されていて、トイレはこのホテルのものを24時間使用可。
ホテルのトイレなので、清潔で快適。ポイント高し。
2度目の車中泊なので慣れてきたのか、けっこう熟睡できた。

翌朝は、コンビニで朝食を食べて、はぼろ温泉に入る。
広いし、客も少ないのでかなり開放感があったが、ここで朝食を食べたかったなぁ。
朝食はホテルの宿泊客しか食べられない。
ランチの時間まで羽幌に滞在してるとあとあとスケジュールが押してくる。
名物の海鮮料理など、かなり美味しそうだったがあきらめる。
ちなみに、ホテルの名前が示す通り、ここは夕日が名物なのだ(苫前もそうだ)。
夜遅く着いて朝出発というのは、実に間が悪い。
増毛での時間ロスが悔やまれる。

とっとと次へ移動しよう。
日本海沿岸は風が強いので、それを生かした風力発電の風車がたくさん見えた。
天気も悪いし、寒いし、風が強いし、演歌が似合いそうな風景である。
DSC_0182~2.JPG

さらに北上し、初山別村というところに出た。
DSC_0184.JPG
ここもホテル併設、キャンピングカーやバイクが多い。
しょさんべつ温泉 ホテル岬の湯」はホテル内の温泉なので、きれいで清潔、たぶん新しい施設なのだろうと思う。
露天風呂からは日本海が見える。
ここで昼食を食べようと思ったら、「本日貸切」の貼り紙。
どうも食事に恵まれない旅だ。
売店で買い物をする。
このピンク色は、地元のハスカップを使って着色しているとのこと。
DSC_0196.JPG


長くなってきたので、続きは後日。
posted by じょあろ at 13:16| 北海道 ☔| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

初段・2015

DSC_0174.JPG

初段の記念品は、トラベルセット。
15湯制覇で初段になる。
今年は車中泊旅で達成した。
posted by じょあろ at 22:54| 北海道 ☔| Comment(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする