2016年02月16日

アロマテラピーについて思うこと

最近、あまりアロマテラピーの記事は書いていないのだが、毎日アロマは使っている。
いちばん多いのは、手作りのせっけんや化粧品に精油を入れること。
スキンケアをしながら、同時にアロマテラピーも行える。
それから入浴剤、セルフトリートメント、掃除や洗濯などの家事。

逆に、あまりやらないのは芳香浴だ。
いちばん手軽な方法ではあるのだが、好きじゃないのだ。
どうしてもしなくちゃいけないような、よほど強い目的のある時しかしない。

アロマをやっていると言うと、「おすすめの香りは?」ときかれたりするが、これはかなり難しい質問だ。
人それぞれ好みが違うし、その時の気分や香りを使いたい目的によっても変わって来る。
結果、「実は無香が一番好き」などと答えて、がっかりさせてしまったりする。

ヒトの嗅覚は退化しているので、匂いに鋭敏でいることはけっこう難しい。
強い匂いをいくつか嗅ぐと、「鼻がバカになって」全然わからなってしまうのは誰にでもよくある。
アロマテラピーで使う精油は、植物から抽出した天然の香りなので、人工の香料に比べると香りの強さはずっと弱い(持続力もない)。
それだけに、アロマテラピーをやるなら、かすかな香りにも反応できる嗅覚を持ちたいと思う。
「無香が好き」というのはそういう意味もあって、普段無香の空間に身を置いていればこそ、かすかな香りも感じることができるのではないかと考えている。
一日中、むせかえるような香りに身を包まれているより、かすかな香りを感じ取れるほうが、アロマテラピーらしいと思うのだ。

それにしても、現代社会は嗅覚を退化させる要素に満ちている。
嗅覚とは、動物的であり原始的な感覚だ。
これは私の想像だが、もともとは生命を守るために必要不可欠な感覚だったのだろうと思う。
食べ物の匂い、敵の匂い、味方の匂い…
人間も、昔は匂いで身の安全を図っていた。
食べ物がちょっと古くなったかな?と思ったら匂いを嗅いで確かめたり。
今の時代は、賞味期限が明記してあるので、匂いを確かめる必要がなくなってしまった。
それに、わざわざ香水を使わなくても、洗剤、柔軟剤の香料で一日中フローラルの香りに包まれている人もたくさんいる。
常時あんな強い香りを嗅いでいたら、嗅覚がバカになってしまうと思うのだが、慣れてしまうのだろうか。
現代の清潔志向で、体臭がするよりは、合成香料の香りでマスクする方が好まれるのかもしれない。

精油であっても、一日中香りがするのは苦手。
昔は、コットンに精油を垂らして持ち歩いたりしたが、今はそれもしない。
ここぞというときに、必要な香りをしっかり使うのが私のアロマテラピーである。
posted by じょあろ at 11:49| 北海道 ☔| Comment(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

片頭痛

年とともに頭痛に悩むことが増えて、初めはよくわからぬまま鎮痛剤で対処していた。
職業柄鎮痛剤は身近にあるので、まずはイブプロフェン、それで効かなければロキソニン、それでもダメならボルタレン…というように、3時間おきくらいに次々飲む。
頭痛が起きるのは仕事中が多かったので、早く痛みを抑えたいのだが、鎮痛剤の効く時と効かない時がある。
効かないとき、無理して仕事をしていると痛みは吐き気を呼び、職場で吐いたこともあった。
家に帰って、ベッドに飛び込んで目を閉じるととりあえず楽になる。

こんなことを何度も繰り返し、頻度も多くてつらかったので、脳外科クリニックを受診した。
結果は片頭痛。
片頭痛かもしれないなとは思っていたが、いくつか典型的ではない症状があったので確信が持てなかった。
それでも、専門医から片頭痛と診断されたことでほっとした面もあるし、何より片頭痛用の薬が処方されたことが心強かった。

自分自身よくわからなかったのは、たぶん2種類の頭痛が混在していたからだと思う。
片頭痛の時には普通の鎮痛剤は効かない。
でも、鎮痛剤で治まる時もある。
この時は、多分筋緊張性頭痛だったのだと思う。
でも本人としては、痛みの具合がとてもよく似ているので区別がつきにくかったのだ。
今でもどっちの頭痛か迷うことがあるが、慣れてきたのでだいぶわかるようになった。

最近は、旅行をして目的地に着いたとたん片頭痛が始まるというパターンが増えていて、実は京都出張の時もそうだった。
関空到着頃、痛くなり始めたので薬を飲む。
ホテルにチェックイン後も痛みが治まらず、とりあえず夕食…と思って外に出たが、痛みが強くなる一方。
レストランでオーダーしたものの、料理が出てきたときにはもう吐く寸前の状態で、とても申し訳なかったが一口食べてすぐにお店を出てしまった。
やっとの思いでホテルの部屋に帰り、すぐに嘔吐。
そのまま寝てしまった。

起きたらもう夜中だったので、さすがにもうレストランは開いていない。
仕方なく、近くのコンビニでおにぎりとかを買って夕食にする。
そんなわけで、京都に着いた初日の夕食はとても残念なものになってしまった。

よく言われていることだが、片頭痛の薬を飲むときにはタイミングが大事なようだ。
痛くなり始めの時に飲む(痛くなりそうな前兆があれば、その時に)。
かなり痛くなってから飲んでも間に合わないことが多い(結局吐いてしまったり…)。
前兆とか言われても全然わからなかったのだが、最近は視野の周囲にちらちらしたものが見えるようになったのでそれを目安にしている。

私が処方されているのは「イミグラン」という薬なのだが、この薬はけっこう副作用が強くて、初めて飲んだ時にはびっくりしてしまった。
片頭痛というのは、もともと脳の血管が拡張するために起こるそうで、イミグランは血管を収縮させる効果を持つ。
そのせいか、内服すると首の後ろ側がぎゅ〜〜〜〜っと締めつけられるように痛くなる(首コリの100倍くらい)。
その副作用は1時間くらいで消える(副作用が消える頃には片頭痛も消えている)ので、その間横になれれば楽なのだが、仕事中とかにはそうもいかないので、首に湿布を貼ってしのいでいる。
湿布を貼ると血管が開いてしまうかな?という気がしないでもないが、私にとっては今のところこの方法が一番いい。
posted by じょあろ at 00:16| 北海道 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

京都・3

研修が終わった翌日は観光することにした。
まず、祇園まで足を伸ばす。
ぶらぶらと20分ほど歩くと祇園。
修学旅行の学生ががぜん多くなる。
祇園でどうしても見たかったものが、よしもとの祇園花月。
窓口で前売り券を買って、祇園で食事をする。
さすがに京都らしいお店が多く、八つ橋を売っているお店もたくさんある。
DSC_0235.JPG
カフェ風のお店でランチする。
これは確かレディースランチみたいな名前だった。
ローカロリーで野菜多め。
美味しかった。

さてよしもと。
以前、大阪でなんばグランド花月に行ったとき、生のお笑いの面白さに圧倒されたので、関西に来たらまずはよしもと、という気分になっている。
祇園花月はNGK(なんばグランド花月の略)に比べると小さめでちょっと古い。
DSC_0236.JPG
辻本茂雄の人形がお出迎え。
この辻本茂雄だが(今、朝ドラに出てますね)、関西ではすごい人気だった。
周りの席の人が「出てきただけで笑える」と言っていたほど。
新喜劇で大いに笑わせてもらった。
やっぱり生のお笑いはすごい。

笑った後は、祇園でブラブラとお土産などの買い物。
素敵なものが多くてあれもこれも買いたくなる。
疲れたのでおやつ。
DSC_0237.JPG
これは八つ橋を売っているお店併設のカフェで。

ホテルに帰って来た頃にはかなり歩き疲れていたので、もう一度タイ式マッサージのお店でフットマッサージを受けた。
DSC_0227.JPG
このお店、上手で気に入った。
今まで受けたタイ式では一番上手かもしれない。
もしまた京都に行く機会があったら、ぜひまた行きたい。

夕食もヘルシーに野菜メインで(お店の名前忘れた…)。
DSC_0239.JPG

結果、京都での数日はすごく充実していて、とても楽しかった。
見るのも食べるのも買うのも最高。
今まで食わず嫌いで損していたな〜と痛感。

帰りは伊丹から。
お好み焼きが食べたかったのだが、お店に長い行列ができていたので、あきらめて明石焼き。
DSC_0240.JPG
posted by じょあろ at 20:50| 北海道 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする