2019年02月23日

去年、同僚と一緒に作ったせっけん。

DSC_0991~2.JPG

EXVオリーブ油  380g
パーム核油  100g
パーム油  200g
フィートアーモンド油  150g
アボカド油  150g
ステアリン酸  20g
苛性ソーダ  128g
水  256g
精油  フランジュパニ  150滴
          スィートオレンジ  150滴

久しぶりに肌用のせっけんを作った。
やっぱりいいせっけんを使うと、つっぱるとか荒れるとか、そういうトラブルは激減する。
posted by じょあろ at 21:13| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

厳寒の車中泊

真冬は、車中泊には向かない季節である。
防寒のための荷物が増えたりして準備が大変なわりに、快適に寝るのはなかなか難しい。
今年の冬は車中泊するのやめとこう… と思っていたのだが、ストレスがたまると現実逃避したくなる。
旅行は最高の気分転換になるが、思いつきで(予約を取らずに)行けてしかもリーズナブルな旅行と言うと、やっぱり車中泊。
少々手間はかかるが決行することにした。

真冬の北海道なので、気温と雪のことを考えなければならない。
あまりに豪雪地帯に行って、帰って来られなくなったりしても困るので、比較的雪の少ない地域をチョイス。
自分自身の連休が、ちょうどすごく寒い予報の時だったので、これは受け入れるしかない。

と思い、真冬用のシュラフを買った。
マミー型のダウンである。
一応−20℃〜−10℃対応になっている。
が、こういうのは10℃くらいプラスして考えた方が良いと読んだことがあるので、このシュラフの適応気温も−10℃までと思うことにした。
目的地のその日の最低気温は−9℃の予報。
行ける!

宿泊地は、苫小牧の道の駅「ウトナイ湖」にした。
ここには何年か前にも泊まったが、冬でも車中泊の車が多いので安全。
そして雪が少ない。

まずは苫小牧市内の温泉を2か所めぐって、そこで夕食。

DSC_0983.JPG

世間も連休なので、どっちの温泉も混んでいた。

さて、道の駅に着くと気温は…

DSC_0985~2.JPG

夜10時くらいでこの冷え込み。
予報よりだいぶ寒いなぁ。
朝はもっと寒くなるはずだけど大丈夫かなぁ。

と思いながら、とりあえず寝る。

翌朝、5時頃寒くて目が覚めた。
寝るとき、一応上下ヒートテックを着て、さらにセーターとレッグウォーマーを重ね着、膝から下は毛布でくるんでシュラフに入ったのだが、足りなかったようだ。
膝が寒い。
車中泊で寒くて目が覚めるのは、いつも膝が原因なのだ。
だからレッグウォーマーで防御していたのだが、甘かったらしい。
寝返りを打った拍子に、膝が毛布からはみ出たのだろう。
こうなってしまうと、また暖かくなって眠れることはないので、しかたなくエンジンをかける。

DSC_0986~2.JPG

寒いはずだ…
この気温で5時まで眠れたのはむしろすごいのではないか。
マミー型シュラフの外側に封筒型シュラフを重ねれば余裕で行けたような気がする。
あるいはもう1枚毛布を重ねておけば大丈夫だったかも…

ちなみに、車内に置いていた水はカチンカチンに凍っていた。
当然だが。

DSC_0987~2.JPG

このあとは、あちこち寄り道しながらのんびりと帰宅。
楽しかった。
真冬でもけっこう車中泊できる自信がついたので、また行こうと思う。
posted by じょあろ at 01:17| 北海道 ☔| Comment(0) | 車中泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする