2020年05月31日

裁縫初心者に便利な道具

手縫いは、針と糸さえあればできると言われたりするが、実際にはそれ以外の道具もいろいろ必要になる。
例えばまち針、針山、はさみ、チャコペンなどなど…

初心者の私が知らなかった道具で、使ってみたら便利だったものをご紹介。

_20200530_220058.JPG

小学生の時には必要なかったのだが、数十年ぶりに針仕事をしたら、指がすべって針がつかめないという事態にすぐ悩まされた(皮脂分泌が減っているのだろう)。
すべると変な力が入ってしまい、かえって指に針を刺したりしてしまう。
調べたところ「シンブル」という道具が良いとのことでさっそく使い始めたら、便利すぎて手離せなくなった。
写真右を人差し指にはめて使うと、すべらずしっかり針をつかめるので、とてもやりやすくなる。
事務用品の指サックでも代用できるが、やはり専用のものが使いやすい。
左は、厚手の生地を縫うときに使う。
中指にはめて、針のお尻を押す。

_20200530_220842.JPG

裁縫では必ず、縫ったあとにぬいしろを割るという工程が入る。
高橋恵美子先生は、爪で布をこすって折り目をつける「爪アイロン」を推奨されているが、もう少しぴしっと折り目をつけたいな〜と感じていた。
普通のアイロンを使えばもちろんぴしっと作れるが、ぬいしろを割る作業はしょっちゅうあるので、いちいちアイロンを出すのは面倒くさい。
それに細かいところにアイロンをかけるのは難しそう。
と思っていたら、いいものを見つけた。

_20200530_220019.JPG

コロコロオープナーと言う。
簡単な作りの道具だが、ぬいしろをコロコロするだけでしっかりと折り目がつく。
爪アイロンよりもずっと簡単なので時短にもなる。

_20200530_215937.JPG

こちらのシームオープナーも優秀で、使い道はコロコロオープナーと同じだが、他にへらとして使うこともできる。

初心者は、いろいろ道具を買うことに罪悪感を持ってしまうのだが、便利なものは使った方が良い。
どれもさほど高価ではないので、初心者にも買いやすいのがありがたい。
やりにくいのを我慢して針仕事が嫌いになるより、道具の力を借りても楽しんでできる方がずっと良い。
posted by じょあろ at 15:07| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

パプリカせっけん

_20200528_220434.JPG
前回の「レモングラスのせっけん」の片割れ。

オリーブ油  532g
パーム核油  140g
パーム油  280g
スイートアーモンド油  210g
アボカド油  210g
ステアリン酸  28g
苛性ソーダ  179g
水  358g

上記の材料を混ぜ合わせて、トレースが出たら目分量で二つに分ける。

片方は「レモングラスのせっけん」になった。

こちらは、
精油  オレンジスイート  100滴
           ラベンダー  100滴
で着香し、パプリカパウダー(料理用のもの)でマーブル模様をつけた。

凝った色や模様をつけるのは面倒なのでやりたくないのだが、白いせっけんばかりだと区別がつかなくなるので、目印程度に模様をつけている。
posted by じょあろ at 23:39| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

レモングラスのせっけん

_20200528_220509.JPG
オリーブ油  532g
パーム核油  140g
パーム油  280g
スイートアーモンド油  210g
アボカド油  210g
ステアリン酸  28g
苛性ソーダ  179g
水  358g

上記の材料を混ぜ合わせて、トレースが出たら目分量で二つに分け着香。

精油
  サイプレス  100滴
  レモングラス  50滴
  ローズマリー  50滴


先月、外出自粛で遊びに出ることもできず、家の中で楽しむ趣味として作ったせっけん。
手洗いが何かと注目されているので、洗浄効果はちゃんとあるのに、皮脂を落としすぎないせっけんを作った。
というのはウソで、もともとこのレシピが好きなので、いつもこればかり作っている。
肌には本当にやさしくて、がさがさするとかつっぱるとかはほぼない。

これはレモングラスの爽やかな香りが心地よい。

posted by じょあろ at 22:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

投書

今日の北海道新聞に、「おばあさんの知恵袋」と題した投書が載っていた。
投書の主は70歳の女性。
「ハンドソープが手に入らない」と嘆く若いお母さんに、「固形せっけんなら売ってるでしょう?固形せっけんで手を洗えば」とアドバイスしたら驚いた顔をされた、という内容だった。
その若いお母さんは、体はボディソープ、手はハンドソープで洗っていて、それ以外の選択肢を知らないらしい。

今は何でも用途を明記して販売されているから、それに縛られてしまうのも無理のない話ではある。
私がせっけんを作り始めた10数年前でも、作ったせっけんを人にあげると、「これはどこ用のせっけんなの?」とよく訊かれた。
「どこでもいいよー」と言うと困った顔をされるので、「顔も手も髪も体も、私はこれで洗っている」と付け加え、「心配なら手洗い用にして」とお願いすることにした。

用途を明記して売られているのは親切なのだが、何かモノが不足するとかの非常時になると、応用が利かなくてとても不便になる。
パッケージの裏面を見て成分を確認し、問題無さそうなら他の用途にも使ってみる(自己責任となるが)とモノがないパニックから解放されるかもしれない。

私も、そういうことができるようになったのは、せっけんや化粧品の手作りを始めてから。
作ってみると自然に勉強するので、知識と応用力がつくように思う。
自分や家族を守るために、マスコミに登場する識者(←最近あやしい人が増えましたね… )の言うことに振り回されるだけではなく、自分で考えてより良い行動を選択できるようになりたいと思う。


posted by じょあろ at 12:04| 北海道 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

家事せっけん

DSC_0277~2.JPG
廃油  1330g
ステアリン酸  70g
苛性ソーダ  185g
水  370g
メンソールクリスタル  大さじ1


1年以上間が空いたが、久しぶりにせっけんを作ってみた。
世間では、かつてないほど手洗いが注目を集めている。
何度か書いたが、ハンドソープは売り切れ、売り場の棚は空っぽ。
固形せっけんは人気がないらしく売れ残っているが、もっと良さが知られるといいのにと思う。

メンソールクリスタルは、ペパーミント精油の結晶である。
宝石みたいなきれいな名前だが、一般名「ハッカ脳」で呼ぶと解剖用語みたいになる。
私はハッカの香りが大好きなので、精油もハッカ脳も大好き。
アロマテラピーショップでペパーミント精油を買ってもいいが、ハッカ油は、日本薬局方のものが薬局やドラッグストアで手に入る。
さらに、北海道は北見ハッカのおかげで、雑貨屋さんやお土産屋さん、温泉の売店などでもハッカ油が買える。
とてもありがたい。

DSC_0273~2.JPG
posted by じょあろ at 21:21| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

メイク・続き

外出自粛で化粧品が売れなくなった話を書いたが、考えたら、外国人観光客が減ったことの方が影響している気がする。
口紅は本当に何か月もつけてないけど。

メイクにも流行り廃りがあるが、いくら流行っていても好きになれないものもある。
年をとったら肌はツヤがポイントだと誰か(メイクアップアーティスト?)が言っていたが、ギラギラした肌は好きになれない。
雑誌とか、プロが撮った写真を見ても、テカテカして皮脂分泌過剰にしか見えないのだが。
肌質はマットに見せたい。

あと、涙袋が可愛いとかで、生まれつきある人はチャームポイントだと思うが、ない人がメイクで作るのはどうなのか。
目の下にラインをひいてハイライトをのせて… という理屈はわかるが、大抵失敗している。
わざわざ目の下にクマを描いているようで、不健康に見える。

あと、マツエクもね。
ナチュラルならいいけど、バッサバッサ音がしそうなほどの長いまつ毛は滑稽だ。
マツエクをセルフでやってる人は少ないと思うので、多分プロの施術だと思うが、なぜあんなに不自然なまつ毛になるのか。
まつ毛の主張が強すぎて、他の顔のパーツが全然目に入ってこない人がけっこういる。

そしてカラコン。
これもナチュラルならいいけど、明らかにお人形のガラス玉みたいな目になっちゃってて不気味な人をたまに見る。
眼球だけ外国人を真似ても似合わないと思うのだが。


結論…
おばさんは新しい価値観を受け入れるのが苦手。

posted by じょあろ at 21:45| 北海道 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

メイク

外出自粛で、仕事以外で外に出ることは滅多になく、出かけるときも常にマスクをしているので、化粧いらないんじゃ?という気分になる。
確かにそうで、口紅など2か月以上つけてないし、出かけないから化粧する頻度自体減っている。

私だけではないらしく、このコロナの影響で売れなくなった商品を見ると、30品目中12品が化粧品だった(うちメイク品は8品)。

うーむ。
女性はどんなことがあっても化粧をやめることはないと思っていたが(自分のことは棚に上げて。自分は面倒だとやめるくせに)、意外と厳しい結果であった。
化粧は不要不急のものだったのか。

化粧は人に会うときの義務でしてるのではなく、何より自分のためにするもの(気分がアガる!)… と思っていたが、そんなのはきれいごとだったかもしれない。
化粧をすれば落とすにも手間がかかる。
外に出なければ日に焼けることもないし、人に会うわけでもないのにそんな手間をかけるのはやはり面倒。
しない方が肌への負担も少ないし。
しないことを正当化する理由はすらすら出てくるな…
いやいや、そんなこと言ってると化粧のしかたを忘れそうだ。
アイメイクだけでも頑張る。
つけまつげの練習もしておこう。

posted by じょあろ at 16:13| 北海道 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

ファーストフラッシュ

「Stay Home」なので、食事もおやつも家で食べる。

 
DSC_0257~2.JPG

外出自粛の前から、コーヒーと紅茶は家で淹れた方が美味しいな〜と思っていた。
自分の好みに合わせられるからかな?

これはマスカテルバレー茶園のダージリンファーストフラッシュ。
こだわるつもりはないのだが、ファーストフラッシュはやはり格別の風味だな。
緑茶に慣れている日本人には、特によくわかると思う。

おやつはこれ。

DSC_0259~2.JPG

紅茶云々ではなく、単に好きなので。
posted by じょあろ at 17:43| 北海道 ☔| Comment(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

仕事帰りに見た桜。


DSC_0255.JPG

北海道は外出自粛期間なのだが、河川敷でバーベキューをしているとか、某公園が花見客で混雑しているとかがニュースになっていて、モラルの低い人たちもいるらしいことがわかる。

花見と言えば、お酒を飲んでバーベキューというのが定番だが、本来は花を見て美しさに感動すればそれで充分なのではと思う。
モラルの低い人たちのせいで、花見という言葉にどこか責められるべきニュアンスが付加されてしまった。

花に罪はないので、素直にその美しさを愛でたいと思う。
posted by じょあろ at 22:03| 北海道 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする