2020年05月29日

パプリカせっけん

_20200528_220434.JPG
前回の「レモングラスのせっけん」の片割れ。

オリーブ油  532g
パーム核油  140g
パーム油  280g
スイートアーモンド油  210g
アボカド油  210g
ステアリン酸  28g
苛性ソーダ  179g
水  358g

上記の材料を混ぜ合わせて、トレースが出たら目分量で二つに分ける。

片方は「レモングラスのせっけん」になった。

こちらは、
精油  オレンジスイート  100滴
           ラベンダー  100滴
で着香し、パプリカパウダー(料理用のもの)でマーブル模様をつけた。

凝った色や模様をつけるのは面倒なのでやりたくないのだが、白いせっけんばかりだと区別がつかなくなるので、目印程度に模様をつけている。
posted by じょあろ at 23:39| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

レモングラスのせっけん

_20200528_220509.JPG
オリーブ油  532g
パーム核油  140g
パーム油  280g
スイートアーモンド油  210g
アボカド油  210g
ステアリン酸  28g
苛性ソーダ  179g
水  358g

上記の材料を混ぜ合わせて、トレースが出たら目分量で二つに分け着香。

精油
  サイプレス  100滴
  レモングラス  50滴
  ローズマリー  50滴


先月、外出自粛で遊びに出ることもできず、家の中で楽しむ趣味として作ったせっけん。
手洗いが何かと注目されているので、洗浄効果はちゃんとあるのに、皮脂を落としすぎないせっけんを作った。
というのはウソで、もともとこのレシピが好きなので、いつもこればかり作っている。
肌には本当にやさしくて、がさがさするとかつっぱるとかはほぼない。

これはレモングラスの爽やかな香りが心地よい。

posted by じょあろ at 22:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

家事せっけん

DSC_0277~2.JPG
廃油  1330g
ステアリン酸  70g
苛性ソーダ  185g
水  370g
メンソールクリスタル  大さじ1


1年以上間が空いたが、久しぶりにせっけんを作ってみた。
世間では、かつてないほど手洗いが注目を集めている。
何度か書いたが、ハンドソープは売り切れ、売り場の棚は空っぽ。
固形せっけんは人気がないらしく売れ残っているが、もっと良さが知られるといいのにと思う。

メンソールクリスタルは、ペパーミント精油の結晶である。
宝石みたいなきれいな名前だが、一般名「ハッカ脳」で呼ぶと解剖用語みたいになる。
私はハッカの香りが大好きなので、精油もハッカ脳も大好き。
アロマテラピーショップでペパーミント精油を買ってもいいが、ハッカ油は、日本薬局方のものが薬局やドラッグストアで手に入る。
さらに、北海道は北見ハッカのおかげで、雑貨屋さんやお土産屋さん、温泉の売店などでもハッカ油が買える。
とてもありがたい。

DSC_0273~2.JPG
posted by じょあろ at 21:21| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

手を洗うということ

用があってドラッグストアに行ったら、ハンドソープの棚は空っぽで、「全商品合わせてお一人様1個まで」と制限がついていた。
DSC_0251~3.JPG

DSC_0253~2.JPG

3月の初め頃見たときには、銘柄によって売り切れ、売れ残りが極端だったけど、今はそんなことなく全銘柄が売り切れている。
凄いなー。

感染症を防ぐために手を洗うのは有効なのだが、何でも一斉にマスコミに踊らされている感じはおもしろくない。

再度書く。

家庭での手洗いは、洗浄剤と流水で正しく行えば十分な効果が得られる。
もし、ハンドソープが手に入らなくて焦っている人がいたら伝えたいのだが、ボディソープで手を洗っても大丈夫。
なんならシャンプーでもOK。
もちろん顔用のクレンジングフォームとかでも良い(割高になるが)。
食器洗いの洗剤でも可(手は荒れるかもしれないが)。

そして、ドラッグストアには、固形せっけんがたくさん売られていた。

DSC_0252~3.JPG
固形せっけんで手を洗おう。

せっけん箱を持ってないとよく言われるが、スポンジにのせて使えば大丈夫。

DSC_0250~5.JPG

そんなことを考えていたら、せっけんを作りたくなった。
廃油1400gと新しいオイル1400gでせっけん作り。

DSC_0249~4.JPG

posted by じょあろ at 20:54| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

DSC_0990~2.JPG

オリーブ油  380g
パーム核油  100g
パーム油  200g
スィートアーモンド油  150g
アボカド油  150g
ステアリン酸  20g
苛性ソーダ  128g
水  256g
精油  はっか  150滴
          ラベンダー  100滴

4月以降の予定が、職場の都合で大幅に変わってしまった。
どうしたものか思案中…
posted by じょあろ at 22:35| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

去年、同僚と一緒に作ったせっけん。

DSC_0991~2.JPG

EXVオリーブ油  380g
パーム核油  100g
パーム油  200g
フィートアーモンド油  150g
アボカド油  150g
ステアリン酸  20g
苛性ソーダ  128g
水  256g
精油  フランジュパニ  150滴
          スィートオレンジ  150滴

久しぶりに肌用のせっけんを作った。
やっぱりいいせっけんを使うと、つっぱるとか荒れるとか、そういうトラブルは激減する。
posted by じょあろ at 21:13| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

リハビリせっけん

せっけん作りは難しくないのだけれど、気持ちに余裕がないとなかなか作ろうという気になれない。
1年近く作らずにいたら、ついにうちの在庫がなくなった。せっけんを作り始めてから初めてだ。
しょうがないので、添加物の少ない良質なせっけんを買って使うと、それはそれで悪くはないのだがやはり物足りない。
やっぱり作った方が自分らしいな〜と思い、まずは廃油せっけんを作る。

DSC_0932~3.JPG

廃油   1330g
ステアリン酸   70g
苛性ソーダ   185g
コーヒー   370g

気泡が入ってしまって、見た目あんまりきれいじゃないけど、うちで使う分には問題なし。
これは食器洗いと掃除用。

posted by じょあろ at 20:12| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

DSC_0613.JPG
オリーブ油  380g
パーム核油  100g
パーム油  200g
スィートアーモンド油  150g
アボカド油  150g
ステアリン酸  20g
苛性ソーダ  128g(10%ディスカウント)
水  256g
精油  フランジュパニ  100滴
    ローズマリー  50滴
    メリッサブレンド  50滴

このせっけんは、前回アップした「弥」と同時進行で作ったもの。
最近は、ふたつのせっけんを同時に作る方法が気に入っている。
このオイル組成は、私にとって超定番、間違いのない安心できる組み合わせ。
特に冬の季節には一番頼れるレシピである。

先日、手持ちのせっけんがなくなってしまい、仕方なく市販のものを買ったのだけれど、やっぱり洗浄力が強すぎてガサガサになってしまった。
どんなに保湿成分たっぷりなどとうたわれていても、自分で作るせっけんにはかなわない。
自分で作ると、自分の皮膚のタイプや好みに合わせられるので、汚れは落ちるけど皮脂は取りすぎない石けんになる。
時間と手間はかかるが、やっぱり手作りするのが一番いいのだ。
posted by じょあろ at 14:28| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

DSC_0614.JPG

オリーブ油  380g
パーム核油  100g
パーム油  200g
ごま油  250g
ひまし油  50g
ステアリン酸  20g
苛性ソーダ  127g(10%ディスカウント)
水  254g
精油  イランイラン  130滴
    ラベンダー  80滴
    オレンジ  50滴
    パチュリ  30滴
    ハッカ  30滴

スィートアーモンドとアボカドのしっとりせっけんはよく作るが、実はこのごま油のせっけんも負けないくらい好き。
さらっとしているけどちゃんと保湿してくれる感じ。
そして何よりリーズナブル。
ごま油はスーパーでも普通に買えるので、とても気軽に使うことができる。

ごま油には2種類ある。
独特の香ばしい匂いが特徴の茶色のごま油と、ほぼ無臭の太白ごま油。
食用としては、茶色のごま油のほうがよく見るかもしれない。
石けんやコスメ作りに使うごま油は普通太白ごま油なのだが、このせっけんではあえて茶色のごま油を少し混ぜてみた(100gくらい)。
ちょっとクセのある匂いになったが、それもまた悪くないと思う。
posted by じょあろ at 20:58| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

DSC_0380.JPG

〈白い石けん〉
オリーブ油  300g
パーム核油  150g
パーム油  210g
ステアリン酸  20g
スィートアーモンド油  225g
アボカド油  125g
水  260g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)
精油  フランジュパニ  150滴
    はっか  100滴
    レモン  70滴

〈黄色の石けん〉
オリーブ油  300g
パーム核油  150g
レッドパーム油  100g
パーム油  110g
ステアリン酸  20g
スィートアーモンド油  225g
アボカド油  125g
水  260g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)
精油  レモングラス  100滴
    グレープフルーツ  70滴
    パチュリ  70滴
    ティトリー  50滴
    スィートオレンジ  30滴

見ての通り、レッドパーム油の有無で色を変えただけ、他のオイルは同じ。
実はこのふたつのせっけんは同時進行で作ってみた。

DSC_0311.JPG

一気にふたつ分作ってみたら、手間はそれほど変わらないことに気付いた。
できあがるせっけんの量は倍なので、私のように不精な人には向いているかもしれない。

せっけんにいろいろな模様をつけるのも楽しいのだが、こうして見ると真っ白なせっけんってきれいだな、と思う。
posted by じょあろ at 18:21| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

DSC_0312~2.JPG

オリーブ油  300g
パーム核油  150g
レッドパーム油  100g
パーム油  110g
ステアリン酸  20g
スィートアーモンド油  225g
アボカド油  125g
水  260g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)
精油  メリッサブレンド  100滴
    スィートオレンジ  100滴
    フランキンセンス  20滴
    ハッカ  100滴
はちみつ  大さじ2
さらしあん  小さじ2

最近はいつもこのレシピ。
保湿感がいいので、ついこのレシピに頼ってしまう。
posted by じょあろ at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

今年の春は、友達のお子さんが進学したり、同僚が婚約したり、とおめでたいことが続いたので…
ちょっと、お祝いの気持ちをこめてみた。
DSC_0084~2.jpg

オリーブ油  300g
パーム核油  150g
パーム油  210g
ステアリン酸  20g
スィートアーモンド油  225g
アボカド油  125g
水  260g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)
ピンククレイ  大さじ1
精油  ラベンダー  150滴
    ゼラニウム  150滴
    ハッカ  100滴

このオイルの組み合わせは私のお気に入りで、たびたび作っているが、やっぱりしっとり感が最高。
髪にも肌にもすごく優しい。
ラベンダーとゼラニウムをブレンドした香りは、フローラルの中ではかなり好き。
posted by じょあろ at 16:04| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

CIMG3254.JPG

オリーブ油  550g
パーム油  180g
パーム核油  150g
ステアリン酸  20g
ヘンプ油  100g
苛性ソーダ  124g(10%ディスカウント)
水  248g
ヘンプパウダー  大さじ1
精油  ティトリー  100滴
  パルマローザ  100滴
  シダーウッド  100滴
  クラリセージ  30滴

大麻というと、マリファナ!のイメージが強いと思うが、札幌の近郊には「大麻(おおあさ)」という地名があったりして、北海道では昔から親しまれていた植物なのだろうと想像できる。
大麻取締法で規制されているため、自分とは無縁の植物だと思っていたが、去年友達から産業用大麻の有用性について教えてもらう機会があり、以来ヘンプオイル(麻実油)を料理に使ったりしている。
Wikipediaによると、麻の種子は大豆に匹敵する高い栄養価を持っているとのこと、陶酔成分(テトラヒドロカンナビノール)は含まない。
ヘンプオイルを料理に使うことは違法ではないが、麻の栽培自体が日本では規制されているため、食用種子は輸入に頼っているそうである。
もともとは国内でたくさん栽培されていた植物なので、輸入に頼るのはなんとなくもったいない感じがする。

そのヘンプオイルだが、見た目は濃いグリーンで、味も香りもナッツに似ている。
リノール酸など不飽和脂肪酸が多いので体に良いと思う(コレステロールを下げてくれそう)。
このオイルにちょっと塩と酢を足してドレッシングとしてサラダにかけると香ばしくて美味しい。
私の中では、えごま油(しそ油)と並んで、毎日摂る価値のあるオイルとなっている。

そのヘンプオイルをせっけんにしたらどうなるか。
基本の3種のオイルにヘンプオイルを足しただけのシンプルなレシピなのだが、思った以上にしっとりして気持ちいい洗い上がり。
せっけんの質は、髪を洗うとよくわかる。
このせっけんは、すっきり感がありながら、さらさらつるつるの髪になる。
ヘンプオイルは高価なので、ざぶざぶ使うことはできないが、石けん材料としてもかなり優秀と見た。
posted by じょあろ at 18:33| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

CIMG3256.JPG

オリーブ油  300g
パーム核油  150g
レッドパーム油  210g
ステアリン酸  20g
スィートアーモンド油  225g
アボカド油  125g
水  260g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)
精油  スィートオレンジ  50滴
  ベルガモット  30滴
  レモングラス  100滴
  ユーカリラディアータ  100滴
  ホーリーフ  50滴
はちみつ  大さじ2
ガスール  大さじ2

オイルの配合は「結」と同じ。パーム油をレッドパームに変えただけ。
ガスールを混ぜて模様を作ったのだが、きれいとは言えない色になってしまった。
レッドパームとホワイトパームを混ぜて、薄いオレンジ色にすればよかったな。

ところで、このふたつのせっけんの名前、「結」と「弦」…
年末、テレビの「2014年・総集編」的な番組を見ながら作っていた。
ソチオリンピックの映像が繰り返し流され、中でも男子フィギュアが何度も特集されて、何度見ても感動するので、そこから名前をいただきました。
posted by じょあろ at 12:43| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

CIMG3253.JPG

オリーブ油  300g
パーム核油  150g
パーム油  210g
ステアリン酸  20g
スィートアーモンド油  225g
アボカド油  125g
水  260g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)
精油  ハッカ  150滴
  メリッサブレンド  45滴
  シダーウッド  75滴
  ゼラニウム  60滴
パプリカ  小さじ1

上司からの依頼で年末に作ったせっけん。
使っているオイルが贅沢なので、特に冬には安心できる保湿感。
パプリカで着色して、スワールにしてみた。
posted by じょあろ at 07:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

6月のてづくり石けん教室で、デモンストレーションがてら作ったせっけん。

CIMG3211.JPG

CIMG3221.JPG

オリーブ油  180g
ココナッツ油  60g
パーム油  168g
ステアリン酸  12g
太白ごま油  150g
シアバター  30g
苛性ソーダ  76g
水  152g
精油  ハッカ  100滴
   レモングラス  100滴
   サイプレス  100滴
大麦若葉粉末  小さじ2
パプリカ  小さじ2

教室では圧倒的に「うっとりせっけん」が人気だったけど、この「こっさり」もさらりとした保湿感がいいと思う。
スワールもまあまあかな(ちょっと慣れてきた)。
posted by じょあろ at 19:14| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

ゆきはな てづくり石けん教室

6月の話で恐縮ですが、いつもお世話になっている「ゆきはな」さんでてづくり石けん教室を開かせていただいたので、その時のご報告。

CIMG3201.JPG

今回受講してくださったのは3名。
いずれも、ゆきはなさんの「廃油石けん教室」を受講されているので、苛性ソーダの扱いは経験済みの方たちばかりです。

CIMG3204.JPG

今回は、自分の好きなオイルを使ってオリジナルレシピを作るというコンセプトでしたが、どんなレシピを作ったらいいのか迷ってしまう、という方のために、一応見本となるレシピを提示しました。

「しっとりせっけん」(オリーブ油の多い保湿効果の高い石けん)
「さっぱりせっけん」(オリーブ油の保湿と、ココナッツ油の泡立ちがほどよいバランスの石けん)
「うっとりせっけん」(スィートアーモンド油とアボカド油使用の贅沢レシピ)
「こっさりせっけん」(しっとりしつつあっさりしている絶妙バランスの石けん)

3名みんなが「うっとりせっけん」を選ばれました!
やっぱり、せっかくの手作りなので、少しでもいいものを作りたいという気持ち、わかります。

CIMG3208.JPG

同じレシピを選んでも、色や模様、香りで個性が出るので、3名それぞれ素敵なオリジナル石けんが完成。

CIMG3211.JPG

ゆきはな恒例のおやつタイム。
素材にこだわったカタラーナ&ハーブティ。

CIMG3210.JPG

カタラーナはもちろん美味しかったんだけど、ハーブティにもびっくり。
お庭で摘みたてのフレッシュなカモミールを使ったお茶は、普段飲んでいるカモミールティとは全然別ものでした。
ドライハーブは便利だけど、やっぱりフレッシュハーブのほうが味も香りも格段にいいんだな〜。

そんなわけで、初めての教室は美味しく楽しく終了しました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございます。
posted by じょあろ at 12:33| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

IMG_20140528_150607.jpg

エクストラバージンオリーブ油  300g
パーム核油  150g
パーム油  210g
ステアリン酸  20g
スィートアーモンド油  225g
アボカド油  125g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)
水  260g
大麦若葉  6g
さらしあん  小さじ1

石けん作りの会で作ったせっけん。
迷彩模様を目指したはずが、なんか気持ち悪い模様になってしまった。
まあ、まだスワール初心者なのでいいことにしよう。
偶然の産物としての模様を楽しむのも悪くないと思う。
茶色=さらしあん、緑色=大麦若葉、黄色=エクストラバージンの地の色、で色を作ってみたが、それ自体は良かったかな。
緑がキレイに発色するのでうれしい。
大麦若葉はヒットだ。
posted by じょあろ at 06:00| 北海道 ☔| Comment(2) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

第6回石けん作りの会

友達と話していて、「急だけど、久しぶりに石けん作りの会をやろう!」ということになり、何か月ぶりかでやることになった。
急だったので集まったのは二人。
IMG_20140417_142118.jpg
最近私は、スワールの練習をしているので、この日もスワールで作るつもり。
友達もスワール初挑戦。
IMG_20140417_151957.jpg
いい感じのトレース。
IMG_20140417_161224.jpg
茶色と緑と黄色で、迷彩模様を目指す。
IMG_20140417_162317.jpg
恒例のおやつタイム。
さて、どんな石けんになったかな。
posted by じょあろ at 17:34| 北海道 ☔| Comment(0) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

IMG_20140410_221426.jpg

オリーブ油  300g
パーム核油  150g
パーム油  210g
ステアリン酸  20g
スィートアーモンド油  225g
アボカド油  125g
水  350g
苛性ソーダ  130g(10%ディスカウント)
大麦若葉粉末  6g
精油  はっか  100滴
   イランイラン  100滴
   ミルラ  50滴
   ベンゾイン  80滴

どうしてもスワールがやりたくて挑戦してみた。
オイルとアルカリ液は50℃程度で撹拌開始。
その温度だと、トレースが出すぎて扱いにくくなるということはなかった。
トレースが出たら、生地を二つに分けて、片方に大麦若葉粉末を入れる。
型に漏斗をのせて、無色の生地と着色した生地を交互に流していく。

今回は、なんとかスワールらしい模様ができた!
不器用なので、見た目重視の石けん作りは苦手なのだが、多少は色や模様がついている方が楽しいかもしれない。
でも、今のところの一応のポリシーとして、ピグメント(顔料)は使わないことにしている。

そして手作り石けんとして本来の役割…
洗い上がりはばっちり、髪がさらさらになるのがうれしい。
posted by じょあろ at 06:00| 北海道 ☔| Comment(2) | 石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする