2021年01月10日

スヌード

先日、ネックウォーマーを編んだ話を書いた気がする。

_20201009_210737.JPG

こんなやつ。
かけ目と2目一度を繰り返す「かご目編み」という編み方で、網のような編み目だからか、真冬になって氷点下の日が続いたら、寒くて役に立たない。
結局、一昨年編んだスヌードを使っている。

DSC_0178~2.JPG

こっちの方が段違いの暖かさ。
というのも、裏を見ればわかるが、編み込み模様は毛糸が裏を渡るため、糸が2重になって保温力がアップするのだ。

_20210110_174348.JPG

裏から見ても目がきれいに揃っているとうれしい。

今またスヌードを編んでいるけど、この冬のうちに完成するかな…
posted by じょあろ at 17:42| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

ネックウォーマー

暑かった夏が終わり、朝晩肌寒くなってきたな〜と思ったら編み物がしたくなった。
いいタイミングでカナリヤからセールのお知らせハガキ…
まんまと大量の毛糸を買ってしまった(この写真に写っているのは2/3くらい)。

_20201007_121055.JPG 

どれから編もうかな〜とワクワクしたが、先に片付けておくべきものがあった。

寒くなると編み物がしたくなるのは毎年のことだが、逆もまた然りで、暖かくなると編み物がイヤになる。
今年の春、編みかけでほったらかしていたものがあったのでまずそれを仕上げなければ…

_20201009_210737.JPG

去年の「すてきにハンドメイド」で紹介されていたネックウォーマー。
「かご目編み」という編み方で、かけ目と2目一度を繰り返すだけなのだが、これが編んでておもしろくなくて…
メリヤス編みなら基本なのでペースよく編めるし、増えていく編み地を見る満足感がある。
模様編みは手はかかるが、少しずつ完成していく模様を見るのを楽しみに頑張れる。
だが、かご目編みにはそのどちらもなくて、編み地も別にきれいではないし、ただ苦痛で、だから時間がかかってしまった。

それでも仕上げなければ捨てることになるので頑張った。
首に巻くと、ふわっと軽く、それでいて温かくて心地よい。
編み地も斜めの縞模様が入って悪くない。
編むのが苦痛と思っていたことを後悔する。

_20201011_155408.JPG

これは梅村マルティナさんのデザインなので、首に巻くだけじゃなく、フードのようにかぶることもできる。

_20201009_211011.JPG

寒いときに重宝しそう。
アウトドアにもいいかも。
posted by じょあろ at 16:00| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

トートバッグ

_20200810_214005.JPG
先日作ったチュニックの残り布でトートバッグを作った。
これも手縫いで、「すてきにハンドメイド」で高橋恵美子先生が教えてくださった作品。
私にとっては、トートバッグ2つ目なのでそんなに難しくなかったのだが…

今回裏地に使った生地は、家にあったものの中から、色が気に入って選んだもの。
これがかなり厚くて硬い布だったのだが、バッグだから縫うところも少ないしなんとかなるだろうと思ったのが失敗だった。

硬い生地を手で縫うのは思った以上に大変で、変な力が入り、左手の親指がバネ指のようになってしまった。
半分以上縫ったところで指が痛くて続行不能となり、約2か月の休養を挟んで本日ようやく完成。
手縫いは楽しいが、それに適した材料を選ばないととんでもない苦労をするということがよくわかった。
posted by じょあろ at 22:00| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

今年のチュニック

ここ数年、1年に1枚のペースでチュニックなどを縫っている。
これは、高橋恵美子先生が、2017年の「すてきにハンドメイド」で紹介していたチュニック。
この縫い方で3枚目なので慣れてはきたが、縫い目が揃わないなぁ。
ミシンと違って、手縫いは縫い目をきれいに揃えるのが難しい。
上手ではないけど、自分で着るから別にいいのだ。

_20200603_222406.JPG

posted by じょあろ at 22:27| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

裁縫初心者に便利な道具

手縫いは、針と糸さえあればできると言われたりするが、実際にはそれ以外の道具もいろいろ必要になる。
例えばまち針、針山、はさみ、チャコペンなどなど…

初心者の私が知らなかった道具で、使ってみたら便利だったものをご紹介。

_20200530_220058.JPG

小学生の時には必要なかったのだが、数十年ぶりに針仕事をしたら、指がすべって針がつかめないという事態にすぐ悩まされた(皮脂分泌が減っているのだろう)。
すべると変な力が入ってしまい、かえって指に針を刺したりしてしまう。
調べたところ「シンブル」という道具が良いとのことでさっそく使い始めたら、便利すぎて手離せなくなった。
写真右を人差し指にはめて使うと、すべらずしっかり針をつかめるので、とてもやりやすくなる。
事務用品の指サックでも代用できるが、やはり専用のものが使いやすい。
左は、厚手の生地を縫うときに使う。
中指にはめて、針のお尻を押す。

_20200530_220842.JPG

裁縫では必ず、縫ったあとにぬいしろを割るという工程が入る。
高橋恵美子先生は、爪で布をこすって折り目をつける「爪アイロン」を推奨されているが、もう少しぴしっと折り目をつけたいな〜と感じていた。
普通のアイロンを使えばもちろんぴしっと作れるが、ぬいしろを割る作業はしょっちゅうあるので、いちいちアイロンを出すのは面倒くさい。
それに細かいところにアイロンをかけるのは難しそう。
と思っていたら、いいものを見つけた。

_20200530_220019.JPG

コロコロオープナーと言う。
簡単な作りの道具だが、ぬいしろをコロコロするだけでしっかりと折り目がつく。
爪アイロンよりもずっと簡単なので時短にもなる。

_20200530_215937.JPG

こちらのシームオープナーも優秀で、使い道はコロコロオープナーと同じだが、他にへらとして使うこともできる。

初心者は、いろいろ道具を買うことに罪悪感を持ってしまうのだが、便利なものは使った方が良い。
どれもさほど高価ではないので、初心者にも買いやすいのがありがたい。
やりにくいのを我慢して針仕事が嫌いになるより、道具の力を借りても楽しんでできる方がずっと良い。
posted by じょあろ at 15:07| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

高橋恵美子

私の裁縫の先生は高橋恵美子さんである。
もちろん直接習ったわけではない。
もともと小中高と家庭科は大の苦手。
エプロンやスカートを作ったけど、自分で使えるものができあがったためしはない。
だから裁縫なんか大嫌いだったし、大人になってからも長年自分には無縁のものだと思っていた。

ある日、なんとなくNHKEテレを見ていたら、「すてきにハンドメイド」で「手縫いのチュニック」と…
ミシンがないと服は作れないと思っていたから、手縫いで服が作れるというのは大変な衝撃だった。
手縫いの良さを教えてくれたのが高橋恵美子先生。
手縫いの方がふんわり感が出るとのこと。
ミシンがないので仕方なく手縫い… と言うのではなく、手芸のプロが敢えて手縫いを選択して勧めてくれているのが嬉しかった。

番組で、ハンドメイド初心者の東尾理子がガタガタの針目で縫っていたが、高橋先生は「それも可愛いと思います」と言っていて、とても勇気づけられた。

下手でもゆっくり縫い進めればやがて完成するというのは、私のような不器用な人間にはありがたく、確実に楽しみが増えた。
以来、「すてきにハンドメイド」の高橋先生の講座は録画して見ている。
他の先生の手縫い作品も見たが、私が一番好きなのは高橋先生の作り方。
チュニック、カーディガン、バッグなどの作り方を教わった。
自分で作って、自分で使うという楽しみ。
高橋先生に出会わなければ、そういう楽しみも知らずにいたはずなので、先生には本当に感謝である。

マスクはたくさん作ったので、そろそろ違うものを作りたくなってきた。
次はチュニック作ろうかな〜
posted by じょあろ at 22:14| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

マスク12〜15

マスク続々完成。
DSC_0245~2.JPG

ゴム紐の代わりに切ったタイツを使ったらとても良かった!
ゴムは、きついと耳や顔が痛くなり、ゆるいとマスクがずり下がってくる。
タイツは張力がほどよいらしく、下がってこないのに痛くない。
長時間つけていても楽。

今回作ったマスクは全部タイツを使っているが、過去に作った分も、ほどいてタイツに付け替えている。
posted by じょあろ at 21:25| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

マスク10・11

8枚同時進行で作っているので、完成の時も次々できあがる。
DSC_0251~2.JPG

マスク、消毒薬は相変わらず品薄。
何度も書いているが、手作りマスクは咳エチケットに役立つ程度で、ウイルスをブロックする力はない。
ただ、手で顔を触る頻度を減らすことができるなどの効果が報告されている。
やっぱりマスクには、直接ではないにせよ、何らかの効果があるのだ。

国から送られてきたマスクを、有名人が笑い物にしてSNSに投稿しているようだが…

ああいうのは見ていて不快だなぁ。
命を守るために必要なものが不足している状況なのだから、人からもらったものを粗末にするのではなく、感謝して大事に生かすことを考えたらどうかねと思う。

posted by じょあろ at 22:01| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

マスク8・9

先日、マスク8枚を同時進行で作り始めた話を書いたが、それから10日ほど経って2枚完成した。
こうあらためて書くと、なかなか時間がかかってるなぁと思う。
やっぱり仕事してると趣味の時間はそんなに取れないのだ。

DSC_0249~3.JPG

これ、すごく私らしいマスク。
野球観戦に行くときこれを着けて行こう。
ちなみに、「かんせん」と入れたら「感染」と誤変換された。
最近は「感染」という単語を使うことがとても多いせいだ。


もうひとつは比較的地味な色柄。

DSC_0250~3.JPG

ゴムは、今まで丸ゴムと平ゴム両方使ってみたが、どちらもけっこう耳が痛くなる。
タイツを切ったものが痛くならずに使いやすいと読んだので試してみた。
さて、結果はどうなるか。

posted by じょあろ at 23:56| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

ミシン

ミシンが欲しくなってきた。
ミシンがあれば、縫うスピードは10倍以上になるだろうし、作るものも丈夫でキレイになるだろう。

しかし、使えるようになるのか?
やがて飽きてしまって、邪魔な荷物になってしまう可能性は?
今はかなり安く買えるようになっているとは言え、針と糸だけで縫える手縫いに比べたらかなり高いので悩む。

つくづく、学校の家庭科をもっと真剣にやっていればと悔やまれる。
その頃は、ソーイングどころか手作り全般に全く興味がなかった。
将来必要になることだから学校で教えてくれていたのに、本当に勿体ないことをした。
過去に戻れるなら、当時の自分に説教したい。

最近、そう思うことが増えてきたなぁ。
年をとったせいだろうか。
posted by じょあろ at 21:30| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

マスク、まだ飽きず

DSC_0248~3.JPG
商売でもするのかという勢いだが、もちろん違う。
マスク、一枚ずつ作るより、同じ工程をまとめてやった方が能率良く作れると思ったので。
今回は、8枚分布を裁ち、8枚分の中央部分を縫い、8枚分アイロンで縫いしろを割る、というやり方にしてみた。

もうサージカルマスクは全然手に入らないので、当分手作りマスクでしのぐしかない。
と言いつつ楽しんでもいるのだが…
布をちょす(いじる、触るという意味の北海道弁)のは、どうしてこんなに楽しいのかな。
posted by じょあろ at 23:52| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

やっぱりマスク

一昨日の新聞に載ってた広告。


DSC_0247~3.JPG

最近は、休みを家で過ごすことが多いから、ハンドメイドは強い味方。
作りたいものはもともとたくさんあるのだが、近頃はマスクというさらにいいひまつぶしもでき…

国が布マスク2枚を配布すると言って失笑を買っていたが、そんなバカにしたものでもないと思う。
自分が手作りマスクを手に入れた時の安堵感はけっこうなものがあり(何もないよりはずっといいのだ)、それを思うと布マスク2枚でも、ないよりずっといい。
どこに行っても全くマスクが手に入らなくて、裁縫もしない人にとっては、布マスクの配布は役に立つんじゃないかと思う。
この未曽有の事態に対し、政策に文句を言うだけではなく、与えられたものをどう生かすか考えられるようになりたい。
posted by じょあろ at 00:53| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

ミニロザリオ・2

もうひとつミニロザリオを作った。

DSC_0247~2.JPG

ターコイズのビーズはセリアで、メダイは光明社で買った。
ナツメ型のビーズはほどよい大きさで作りやすく、15分くらいでできたと思う。
簡単でいいのだが、あまりにすぐできてしまうので物足りない気がしてきた。
ミニじゃなく、ビーズを53個使うスタンダードなロザリオを作ろうかな…
posted by じょあろ at 00:38| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

ミニロザリオ

前回、もう少しマスクを作ると書いたが、実は少し飽きてきたのでマスクじゃないものを作り始めた。
ミニロザリオ2つ。

DSC_0250~2.JPG

ビーズは確かダイソー。
全体的にチープな感じだし、クロスの色とも合ってなくていまいちな出来。

DSC_0249~2.JPG

ビーズはこれもダイソー(もしかしたらセリアだったかも?いずれにしても100円ショップなのは間違いない)。
さざれ石のラピスラズリが100円で買えたのはいいのだが、9ピンを通してみると、難しいうえに仕上がりが貧弱でがっかり。
テグスに通すタイプの作品なら良かったかも…?
ピンワークで作るには、ビーズにある程度の大きさがないとバランスが悪いようだ。
最低直径4〜6mmくらい必要かなぁ。
このクロスはDCMホーマックで買ったものだが、意外とヴィンテージ感があっていい味出してると思う。
しかも3個入りで300円くらいとリーズナブル。
専門店じゃないところで掘り出し物が見つかるとうれしい。

安い材料できれいに作るのはやっぱり難しい。
本当は安いのに、安っぽく見えない、おしゃれで面白いのが理想だが。
技術もないので、安っぽく見えるのは当たり前とも言える。
今月イースターでもあるので、ロザリオいくつか作ってみるつもり。
posted by じょあろ at 22:49| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

マスク5、6、7枚目

マスク、1日1枚使うとして、とりあえず1週間分作るのを目標にしていた。
3枚同時進行で作って、5、6、7枚目が完成。

DSC_0242~2.JPG

DSC_0240~2.JPG

この2枚は、昔カルトナージュに使った残りの生地を使用。
ゴムが途中でなくなったので、6枚目からは平ゴムにした。

DSC_0241~2.JPG

これは、何か作ろうと思って買ったけど結局使わずに残っていたはぎれを使用。
こういう小物を作ると、少しだけ残っていたはぎれとか、ムダにならないのでいいね。

この3枚のマスクは前と型紙を変えていて、NHKあさイチで紹介されていた形で作っている。
並べてみるとこんな感じ。

DSC_0243~2.JPG

どっちがいいとも言えないのだが、下の方が若干手間が増える分きれいに作れるかな。
上は直線だけで作れるのでハードルは低いかも。
製作に要する時間も短い。

マスク作りはこれで一旦終了。
しばらく、他のものを作ることにする。

それにしても、世の中のマスク不足は異常。
医療施設でも入荷がない。
本当に、何億枚も作られているはずのマスクはどこに消えているのだろう。
posted by じょあろ at 01:25| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

さらに、マスク

夜勤明けの翌日は休みだったが、体調が悪くコロナも心配だったので、ほとんど家にいた。
ひまつぶしにちまちま針仕事。

マスク、合計4枚になった。


DSC_0236-031bd.JPG

今回、マスクを作るために買ったはぎれを使用。

DSC_0235-ea97f.JPG

これは、昔カルトナージュを作るために買ったはぎれを使った。

DSC_0237-0d635.JPG

これは、ワンピースを縫うために買った生地の残り。

どうも私は、濃い色、はっきりした柄が好きみたいで、マスクにしては若干派手なものになってしまう。
プライベートで使うならいいか?
作るのは楽しいので、あと3枚作るつもり。
posted by じょあろ at 21:54| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

マスク、作ってみた

マスクの話題、3つめ。
前回、手作りマスクの意味を書いたのだが、いちばんのモチベーションは「作ってみたい」ということかもしれない。

そんなわけで作ってみた。


DSC_0232~2.JPG

裏地がダブルガーゼなので、肌触りが良い。
つけると、自分の呼気で加湿されるので、のどが楽になる感じがする。
繰り返すが、これで感染を防げるとは思ってなくて、咳エチケットに多少は役立つだろうという程度。
でもないよりマシだと思う。

テレビ、ネット、手芸用品店で紹介されている作り方で作った。
ミシンを持ってないので(使えないとも言う)手縫い。
「簡単なので、初めての人でも20分でできる」と言われていたが、私は極端に不器用なので2時間くらいかかった。
なんでそんなにかかったんだろう?
でもまあ楽しかったからいいや。
また作ろう。
posted by じょあろ at 22:38| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

アクリルたわし

うちの食器洗いは、10年以上アクリルたわしを使っている。
メリット
・汚れ落ちが良い
・乾燥しやすく清潔
・自作すれば、好きな色、デザインで楽しめる
・買ったとしても安い

デメリット
・特になし


今はネットショップで手軽に買えるし、100均で扱っているところも増えているらしい。
でも、アクリル100%の毛糸を買って自分で編む方が安上がり。
私はいつも、簡単にガーター編みか細編みで作るのだけど、今回はテキストを見て編んでみた。

すてきにハンドメイド2014年12月号より。
長編みと長編み引き上げ編みを規則的に繰り返すと、ワッフルっぽい編み地になるのだな。
美味しそうで可愛い。
この凸凹が汚れ落ちにもプラスだそうだ。

DSC_0182~2-26267.JPG

でも、アクリルたわしっていう名前はあんまり適切じゃない気がする。
アクリルクロスとかアクリルダスターとかではどうだろう?
posted by じょあろ at 21:19| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

スヌード

今シーズン最初の編み物はスヌード。
これは、2014年12月の「すてきにハンドメイド」テキストに載っていたもの(放送はなかったらしい。編み方の説明はテキストのみ)。

DSC_0178~2.JPG

スヌードのような小物は早くできるし、ゲージとかあまり気にしなくていいから簡単。
だが今回は、私にとって初の試みがあった。

ひとつは輪針。

DSC_0179~2.JPG

今まで機会がなくて使ったことがなかったのだ。
編み始めは、ちょっとやりにくいかな?と思ったが、すぐ慣れた。
慣れると簡単!
輪に編むのは、棒針を4本使うやり方が多かったけど、それよりずっと簡単。
しかも段差もつかずなめらかにできるので、これは病みつきになること間違いなしだな。

もうひとつは、フランス式。
今まで長年、右手で糸を持つアメリカ式で編んでいたのだが、左手に糸をかけるフランス式の方が楽だと言われて、挑戦してみた。
これは大変だった。
40年くらい慣れ親しんだ方法を変えるのは、大げさに言えば、利き手じゃない方でお箸を持つようなもの。
変な力が入って肩はガチガチ、腰まで痛くなってしまった。
でもこれも、スヌードの半分くらい編むうちに慣れてきたので、結果的にはやっぱり楽だった。
思いきって変えて良かったと思う。

このスヌードは、ポコポコの模様が可愛いと思うのだが、段染め毛糸を使っているので、自然に色が変わり編んでて楽しい。
さっそく明日から使う予定。

posted by じょあろ at 19:27| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

トートバッグ

先日作ったチュニックの残り布で、トートバッグを作った。
これも、NHK「すてきにハンドメイド」でやってたもので、手縫い。

DSC_1029~2.JPG

持ち手の部分は市販のパーツを使った。
手芸用品店で千何百円だったが、100均の店でも売っていた。
どちらを選ぶかは好みだろう(100均のものは、やっぱり強度とか落ちると思うので)。
こういう小物は、縫うところが少ないので早くできて良い。
それにしても、手縫い楽しい。
次は何を作ろうかな。
posted by じょあろ at 15:41| 北海道 ☔| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする